ナショナル・カレッジ・オブ・アイルランド。海外留学推進協会。

アイルランドなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学推進協会 > アイルランド留学総合情報 > アイルランド留学先一覧 > ナショナル・カレッジ・オブ・アイルランド(National College of Ireland / NCI)

ナショナル・カレッジ・オブ・アイルランド National College of Ireland

アイルランドダブリン州にあるナショナル・カレッジ・オブ・アイルランド(National College of Ireland / NCI)の公式入学窓口です。一般財団法人海外留学推進協会は入学手続きを無料でサポートしています。

アイルランドの経済の中心であるダブリンに作られた国立大学

ナショナル・カレッジ・オブ・アイルランド

1951年にCatholic Workers Collegeとして設立され、1966年にCollege of Industrial Relations、1983年にNational College of Industrial Relations、2000年に現在のNational College of Irelandに改名された大学。2003年にダブリンの中心部、リフィー川のほとり、International Financial Service Center, IFSC(国際金融サービスセンター)に移転。徒歩10分圏内に、Google、Facebook、Twitter、JPモルガン、Citibank、KPMG、Yahoo、PWC、AIGなどのグローバル企業が集中する。

National College of Ireland

Industrial Relationsの名前の変遷のとおり、アイルランドの経済の中心であるダブリンの工業ビジネスの発展に寄与する目的で作られた国立大学だが、他の国立大学群とは異なり研究に重点をおくのではなく、私立大学のように大学として収益を上げ、上がった収益を投資に回すことで、社会のニーズや動きに素早く対応し、より求められる実践的なスキルをビジネス界に提供する役割を担っている。

就職状況

就職状況

素早い発展とイノベーションで知られ、企業が必要としている即戦力を持つ学生を輩出している点で、国際的にも評価が高く、ブラジル、中国、メキシコ、コロンビア、マレーシア、ベトナムを含む世界53か国から約750人留学生が学びに来ている国際的な大学。そのため国際的な企業のリクルーターが多く大学を訪問する。過去12カ月では、Dell、AOL、IBM、Enterprise Rent a Car、Hedgeserv、Linkedin、Oracle、SQS、Guidewire、Lidi、Citi Bank、Bank of Ireland、Groupon、Amazon、Apple、DHL、EY、Deloitte、Hilton、DELL、Microsoftなどの企業の人事担当者が学生獲得のため大学を訪問している。

キャンパスライフ

2000年に、500以上の企業があり、3万5千人が働く、ダブリンの経済の中心部、国際金融サービスセンター(IFSC)にキャンパスをオープン。そのキャンパス内に学生寮があり、教室まで数分で行ける便利な環境。週170ユーロで、個室に入り、8人の学生でリビングやキッチン等をシェアする。トラムの駅も目の前にあり、気軽に市内を移動することも可能。

学校データ

大学形態 国立大学
公式ホームページ https://www.ncirl.ie/

動画紹介

Welcome to National College of Ireland

Tour of National College of Ireland

↑ PAGE TOP

ロケーション

ダブリン州ダブリン

IFSC, Mayor Street, North Dock, Dublin 1, D01 Y300 アイルランド

↑ PAGE TOP

プログラム詳細

School of Business(IELTS 6.0、TOEFL78)

プログラム詳細
  • BA(Hons)in Accounting
  • BA(Hons)in Business
  • BA(Hons)in HRM
  • BA(Hons)in Marketing Practice
  • BA(Hons)in Psychology
  • Higher Diploma in Finance in Business

Learning & Teaching(IELTS 6.0、TOEFL78)

  • BA(Hons)in Early Childhood Education

School of Computing (IELTS 5.5、TOEFL70)

School of Computing
  • BSc(Hons)in Computer Science
  • BSc(Hons)in Business Information Systems
  • Higher Diploma in Date Analytics
  • Higher Diploma in Computing (Software Development) 1月入学あり

※BSc(Hons)in Computer Science及びBSc(Hons)in Business Information Systemsの学生は、3年次に1年間のインターンシップが義務付けられています。96%の学生は悠久のインターンシップを行っています。最低時給は、2018年3月現在、9.55ユーロです。

School of Business(IELTS 6.5、TOEFL86)

学生

9月開講(1年)

  • MA in HRM
  • MA in Management
  • MSc in Entrepreneurship
  • MSc in International Business
  • MSc in Finance
  • MSc in Marketing

1月開講(1.66年)

  • MA in HRM
  • MA in Management
  • MSc in International Business

○Learning & Teaching(IELTS6.5、TOEFL86)

  • MA in Leadership and Pastoral Care
  • MA in Learning and Teaching

○School of Computing (IELTS 6.0、TOEFL78)

学生2

9月、1月の年2回開講(1年間)

  • MSc in Cyber Security
  • MSc in Cloud Computing
  • MSc in Data Analytics
  • MSc in Fin Tech

↑ PAGE TOP

留学費用

学部課程(9月入学 1年間の学費)

BA(Hons)は、3年間 10,000ユーロ
BSc(Hons)は、4年間 10,000ユーロ
Higher Diplomaは、1年間 12,000ドル

修士課程

学費 14,000ユーロ

生活費の目安(9月~5月のアカデミックイヤー)

学生寮 6,155ユーロ
食費 900ユーロ
共益費 225ユーロ
光熱費 360ユーロ
小計 7,640ユーロ

その他の費用の目安

携帯電話 180ユーロ
お小遣い 900ユーロ
交通費 540ユーロ
小計 1,620ユーロ

生活費とその他の費用の合計

生活費の目安 7,640ユーロ
その他の費用の目安 1,620ユーロ
小計 9,260ユーロ

給付型奨学金と入学基準

給付型奨学金

入学の基準は、4段階で3以上が基本ですが、2.7~2.9くらいの方でも、職歴などによっては入学の対象となります。

80%の学生が何らかの奨学金をもらっています。最高4,000ユーロのアカデミック奨学金をはじめ様々なチャンスがあります。なお、奨学金を得るには4段階評価で3平均以上の成績が必要になります。

アイルランドでの就労

アイルランドでの就労

学生ビザの場合、週20時間(休暇中は週40時間)の就労が認められています。

学士課程及びHigher Diplomaを修了すると1年間の就労ビザを得ることが可能です。

修士号を修了すると、2年間の就労ビザの取得が可能です。

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP