コロナ禍のマレーシア留学。マレーシア留学の海外留学推進協会。

マレーシアなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学・アメリカ留学の海外留学推進協会 > マレーシア・シンガポール留学先一覧 > マレーシア留学 > コロナ禍のマレーシア留学(新型コロナウイルス / COVID19)

オンラインZoom説明会 オンライン大学留学フェア2021秋・「世界を舞台に。夢への一歩。」

東京新宿開催!「マレーシア留学説明会」「シンガポール・マレーシア留学説明会」

コロナ禍のマレーシア留学

コロナ禍のマレーシア留学コロナ禍のマレーシア留学

マレーシアの留学を考える皆さんにとっても、新型コロナウィルス(COVID19)の状況は大いに気になるところかと思います。現在の状況を踏まえて、マレーシアの留学が今後どうなっていくのかを記載します。皆様の参考になれば幸いです。

↑ PAGE TOP

コロナ禍で渡航した学生の体験談公開中!

(最終更新日2021/6/15)

2021年3月以降、順次学生ビザの承認が進み、マレーシア留学をオンラインにてスタートさせている学生のうち、渡航を希望する学生は自己隔離等を経て現在現地の学校(主に学生寮)にてオンライン授業を受講中です。渡航しようか迷っている学生の皆さん、このコロナ禍でのマレーシア留学の最新情報を入手したい皆さんにとってとても有益な体験談となりますので、ぜひ参考にしてみてください。(2021年5月時点での情報となります。)

Y.H.さん 留学体験談

マレーシア留学体験談YHさん
  • 20歳女性
  • 留学先(学校名):Taylor's University, Malaysia
  • 学部学科:Bachelor of International tourism
  • 留学プラン:英語コース3ヶ月+本過程3年
  • 留学開始時の目標:英語のスキルを上げて、英語関係、または海外で仕事すること。
【1】どうしてマレーシア留学を決意しましたか?

学費、物価が安いのと、治安が悪くないからです。

【2】なぜコロナ禍で渡航をしようと決めたのですか?

これ以上先延ばしにしたくなかったのと、オンラインだけではもったいないと思ったからです。

続きはこちら

kikiさん 留学体験談

マレーシア留学体験談kikiさん
  • 19歳女性
  • 学校名: APU
  • 学部学科:International Business Management
  • 留学プラン:英語コース2か月+本課程3年

[留学前]

【1】どうしてマレーシア留学を決意しましたか?

高校生の時に1年ニュージーランドに留学していて、そこでの出逢いや出来事をきっかけに海外進学をしたいと思うようになりました。費用的制限から留学先探しに手こづっていた矢先、あるエージェントさんにマレーシア留学を奨められました。マレーシアは一度1週間高校の選抜留学で渡航経験があったこと、費用的条件が良かったこと、そして何より他民族がそれぞれの言語、宗教、文化を保ちながら共存しているという事実に深く興味を惹かれ、決意しました。

【2】なぜコロナ禍で渡航をしようと決めたのですか?

マレーシアの大学での学びもそうですが、現地で生活することになにより重きをおいていたので渡航でき次第すぐにと決めていました。

続きはこちら

↑ PAGE TOP

新入学留学生の皆さんの渡航が可能に...

(2021年05月22日現在)

2021年5月20日更新 最新情報

マレーシア政府及びEMGS(マレーシア政府高等教育省)より新たな制定

2021年5月20日、マレーシア政府及びEMGS(マレーシア政府高等教育省)より新たな制定がなされました。

主な変更点は
〇自己隔離期間が7日or10日から、一律14日に変更
となります。

なお、下記正式表明分の中には渡航する際の手順、および自己隔離等で必要になる費用に関して詳細が記載されています。(言語を設定することで、日本語への自動翻訳機能にて閲覧可能)詳しい情報はこちらをご参考ください。
※EMG公式WEBサイトより

マレーシア国内における活動制限令(MCO)最新情報

マレーシア国内の活動制限はこちらの情報の通りとなっております。

教育省に登録されている(大学を含む)すべての教育機関は、5/12~6/7までの4週間閉鎖措置が取られています。(※(3)参照)

マレーシア入国までの簡単なプロセス(新入学生用)

① 大学への出願書類提出及び学生ビザ申請

② 就学許可取得(EMGSサイト内でのステータス32%)

③ 各学校へ「Accommodation of Declaration」を提出(学校ごとにフォーム有)

④ eVAl(学生ビザ承認レター)及びTravel Authorization Letterの発行(EMGSサイト内でのステータス70%)
※これまでは④のステップまで進めませんでしたが、2月後半より申請が進み始めています。

⑤ 航空券取得後、渋谷の大使館にてSEV「シングルエントリービザ」取得

⑥ 自己隔離(14日間)滞在先の費用支払い(専用サイトにて)及び渡航準備(持ち物等)

⑦ 渡航前3日以内にPCR検査実施(自己手配かつ英文の陰性証明書発行)

⑧ 渡航

⑨ 到着後入国管理局(Immigration)へPCR陰性証明及び各種必要書類提出

⑩ 自己隔離機関決定後 政府保健省スタッフの送迎により自己隔離用滞在先へ(自己隔離中にPCRテスト受検)

⑫ 自己隔離終了後(release of order)学校スタッフにより各学生寮及び滞在先へ送迎

このような流れで(2021/3/14現在)入国前、入国後は手続きをしていくこととなります。自己隔離期間中すでに学校のプログラムが始まっている場合は、自己隔離滞在先にてオンラインで各プログラムの授業を受けることとなります。また、自己隔離中の滞在先費用ですが、3食付きで約10万円程度となります。(スタンダードタイプの宿泊を選択した場合)

なお、日本国政府外務省より発出される諸外国海外渡航危険度レベルはまだ「レベル3」を維持しています。(レベル3=渡航はやめてください。(渡航中止勧告))渡航に関しては、ご家族並びに関係する方々と十分にご検討ください。また、渡航に関する情報は日々変更がありますので、ご注意ください。

↑ PAGE TOP

マレーシアのコロナ感染状況

2020年2月以降世界的に猛威を振るっている新型コロナウイルスですがマレ―シアもその例外ではありません。

1. 感染者数の推移

感染者数の推移

年末年始にかけて感染者数増加のピークを迎えたマレーシアですが、年明け以降、その数は順調に減り続けています。年明け以降マレーシア国内ではロックダウン措置及び州外への移動制限がかかっていましたが、移動制限が解除され、ロックダウン措置は継続していますが、レストランや各種ショップは通常通りオープンするなど、段階的な緩和が行われています。大学の対面授業が再開されるのも4月以降という目処が立っており、通常通りの留学ができるまであと一歩のところとなっています。

2. 日本の感染者数との比較

日本の感染者数との比較

日本の感染者数の推移はグラフにもはっきり出ているように第1波、第2波、第3波と出ており、感染者数の再考を記録したのは11月29日の2585名でした。合計感染者数は15.1万人(回復者数12.5万人)、死亡者数2,109名。

3. 日本とマレーシアの比較

感染者数の推移をみると10月まではマレーシアは感染の抑え込みに成功していたように見て取れます。しかし10月以降はかなり「急増」し、1日の感染者数は日本とあまり変わらない数まで来ています。人口当たりに対する感染者数の割合は日本に比べて少し高いですね。しかし合計感染者数でみると、圧倒的に日本の感染者数が多い状況が続いています。

4. 現在のマレーシアの状況

マレーシアの街

2020年2月~3月の新型コロナウイルス感染者発生時期にマレーシアは隣国よりも早い段階で外国人に対する入国制限及び国内ロックダウン措置(違反者に対する罰則付き)を施行し、いち早く感染者拡大への対応を行っていました。これが奏功し9月末まで大人数の感染者を発生させることなく推移してきましたが、10月に入って感染者数が増えて以降、段階的に活動制限を復活させる動きとなっています。この間、マレーシアに入学する新入生の新規渡航の緩和も謳われましたが、感染拡大に伴い一時保留となり、それが現在まで続いています。(12月8日現在)大学教育も新入生に対しては12月末までオンラインの授業で行う旨の声明が3月に出されて以降、対面に戻る議論はあったものの、RMCO(Recovery Movement Control Order)が12月31日まで延長されたことをうけ、同じく当初の予定通り12月31日までオンラインでの授業になる見通しとなっています。

在マレーシア大使館の最新情報

【マレーシアのコロナ対策時系列】

2020年 2月 世界各地で新型コロナウイルスの感染が確認され始める
2020年 3月 マレーシア政府による活動制限令の発表
18日~26日までMCO(Movement Control Order)発令
2020年 4月 1日、14日までMCO延長を発表
10日、28日までMCO延長を発表
2020年 5月  1日、4日からの経済活動部分的再開を発表 (大学等は閉鎖継続)
2020年 6月 マレーシアへの部分的入国許可(国籍保持者や、入国許可を得た者)
2020年 7月 留学生(新規入学)を含むマレーシアへの入国の緩和→その後保留
2020年 9月 10月以降の留学生の入国を緩和する動き→その後保留
2020年 10月 12月末までの留学生の渡航を制限

5. マレーシア留学 2021年1月1日以降の見通し

いまだ入国制限がかかった状況ですが、2021年1月以降に関してはまだ政府としての方針は出されていません。現在のRMCOが12月31日までであることを考えると、これが終了するのに先立って何かしらの政府としての方針が発表されるかと思われます。この方針に従って大学教育機関もそれぞれの対応等を発表し、留学希望者の皆さんはこの指示に従っていくこととなります。

2020年12月26日 更新

12月20日夕方に、マレーシア教育省より外国人留学生の出入国の規制緩和に関して会見があり、それをもとに1月22日に高等教育省より詳細の内容が公式情報として公開されました。(https://www.ukm.my/pkp/news/updates-on-international-student-visa-student-pass-during-movement-control-order-mco-period/

この記事によると、

〇常に最新情報を参考に出入国スケジュールを検討することを前提 に
〇SOP(Standard Operation Procedures)が新入学留学生及び既存留学生に適用される
1 新入学留学生に関しては更なる情報が発出されるまでは「保留」
2 既存留学生は入国に際しての各種手続きを行ったうえで入国可能
という内容が記載されています。

また、このコロナ期間中、殆どの方が「EMGS Approval Letter(就学許可証)」が発行されている状態で、「E-VAL(入国許可証)」を取得できている人はほとんどいませんが、この「E-VAL」をすでに取得しており、有効期限が切れてしまっている方は、入国規制解除後、入学手続きを行った各大学を通して「E-VAL」の延長手続きが可能な旨の表記があります。すでに取得して有効期限が過ぎてしまっている方は、ご安心ください。

さらに既存学生の学生ビザの期限切れに伴う更新に関しても同記事内下部に記載があるので、必要がある方は確認しておきましょう。

6. 現在オンラインにて授業を受講している学生の皆さん

オンライン留学

当協会を通じてオンラインにて勉強をスタートされている学生の皆さんは、引き続きオンラインでの学習に励みつつ、大学から発信される入国に関する情報に高くアンテナを張り、生活しましょう。入国が可能になった際(初めのうちは自己隔離等の必要があるかとは思いますが)には改めて出発に際してのオリエンテーションも行いますので、当会からの連絡をお待ちください。

7. 現在マレーシア留学を検討されている皆さん

マレーシア

マレーシア留学はこれまで以上に多くの日本人学生の皆さんに認知され始め、今年もマレーシアへ実際には出発できない環境であるにもかかわらず、本当に多くの学生さんがオンラインというプラットフォームにて入学を実現されています。入国できるようになってからの手続きで卒業までにどのくらいかかるのか先の読めない中で待つよりも、それを見越したうえでの入学申請手続き等が必要になります。入国可能になったらすぐにでも行けるように今のうちから準備を進めて行きましょう。

↑ PAGE TOP

コロナ禍にマレーシア留学を検討する皆さんが考えておくべきこと

海外留学推進協会ではマレーシアへの大学出願準備、出願手続き代行などを無料で行っております。(当協会サポート内容はこちら - Q1,Q2をご参照ください。

マレーシア留学を検討されている方は是非一度説明会や、無料カウンセリングなどで、お気軽にお問い合わせください。

東京新宿開催!「マレーシア留学説明会」「シンガポール・マレーシア留学説明会」

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP