マレーシア大学看護留学。マレーシア留学なら海外留学推進協会。

マレーシアなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学・アメリカ留学の海外留学推進協会 > マレーシア・シンガポール留学先一覧 > マレーシア留学 > マレーシア大学看護留学

オンラインZoom説明会 「語学留学説明会 ~成功への鍵!~」

オンラインZoom説明会 「IELTSとは?~海外留学に必要な英語力説明会~」

東京新宿開催!「マレーシア留学説明会」

マレーシア大学看護留学

マレーシア大学看護留学

マレーシアの大学看護学部には、現在世界中から多くの留学生が殺到しています。

カリキュラムがもともと、オーストラリアやイギリスなどとほとんど同じですので、こうした国々への海外就職・永住に向いています。

カナダなど他の国への就職・移住も、人材不足のため看護師へのビザ発給が優先されており、実践的な教育を受けたマレーシアの看護学部卒業者が高く評価されています。

大学1年目から英語で教育を受け、英語で実習に参加し続けることができます。

そのため、海外就職・移住の面で日本人看護師最大の弱点となっている英語力を、3~4年かけて磨き上げることができます。

マレーシア看護師

ヨーロッパやオセアニアなどの国々の看護学部と異なり、原則として日本の高校卒業後、1年制ファンデーションプログラム(予備コース)を受けることなく、学士号プログラムに直接入ることができます。

そのため、学費も生活費も1年分節約でき、また1年早く看護師として働いて稼ぎ始めることができます。

なお、当協会はビザ業者・コンサルタントではありませんので、最新情報や看護師試験対策、ビザ関連については、関係機関が公表している情報を直接確認したり、移民コンサルタントなどに相談されたりしてください。

当協会が各国試験の受験や、各国ビザ取得などを保証することはできませんので、予めご了承ください。

また、日本で看護師になるだけであれば、3年制ディプロマプログラムで十分となる可能性がありますが、より確実に看護師になったり、海外就職・移住を狙ったりするには、学士号の取得をおすすめします。

マレーシア大学看護留学おすすめポイント

大学看護留学
  • 日本の国公立大学と同等、私立大学の半額以下で卒業できる
  • 生活費も日本の半額以下
  • 4年間(学士号の場合)をかけて、高度な英語力を身に着けられる
  • 実習期間が日本の大学の倍程度あり、実践的なスキルを身に着けられる
  • 高度な看護スキルと英語力を両方身に着けられるので、海外就職の可能性が飛躍的に上がる
  • マレーシアの看護学部なので1年制ファンデーションプログラム(予備コース)が原則不要
  • 他民族国家で豊富な文化・国際体験を積める
  • 看護学部卒業で海外就労・移民が飛躍的にしやすくなる

↑ PAGE TOP

世界の看護学部留学費用比較

国名 在学期間 総学費 日本円換算額 家賃(月)
マレーシア 4年 RM76,000~100,000 230~300万円 1~5万円
アメリカ 4年 US$112,000~264,000 1500~3600万円 8~20万円
カナダ 4年 CA$72,000~184,000 760~1930万円 5~11万円
オーストラリア 3年 AU$105,000~115,000 1000~1100万円 9~22万円
イギリス 3年 £48,000~68,000 800~1120万円 9~17万円
日本(国公立) 4年 240万円 240万円 4~11万円
日本(私立) 4年 400~800万円 400~800万円 4~11万円

※イギリスを含むヨーロッパのほぼ全大学や、一部のオーストラリアなどにある大学に入るには、学士号プログラムに入る前に1年制ファンデーションプログラム(予備コース)を修了する必要があります。
この場合、イギリスなら学費だけで最低£13,000~(1£165円で約220万円~)がかかります。
上記の各国看護学部費用一覧では、こうした1年制ファンデーション在学費用は一切含めていませんので、ご注意ください。

↑ PAGE TOP

マレーシアの看護学部費用

(1RM30円の場合の日本円換算額付き)

学士号プログラム(4年間)

学校名 留学費用
マネジメント&サイエンス大学(MSU) RM100,000 / 4年間(約300万円)
UTAR RM91,900 / 4年間(約280万円)
国際医療大学(IMU) RM88,400 / 4年間(約270万円)
シティ大学 RM82,000 / 4年間(約250万円)
UCSI大学 RM76,850 / 4年間(約230万円)
リンカーンユニバーシティカレッジ RM67,700 / 4年間(約200万円)
※日本人用特別授業料適用済み

ディプロマプログラム(3年間)

学校名 留学費用
シティ大学 RM88,350 / 3年間(約270万円)
マネジメント&サイエンス大学(MSU) RM70,000 / 3年間(約210万円)
サンウェイ大学 RM61,740 / 3年間(約190万円)
UCSI大学 RM54,140 / 3年間(約160万円)
リンカーンユニバーシティカレッジ RM37,700 / 3年間(約110万円)
※日本人用特別授業料適用済み

↑ PAGE TOP

マレーシア看護学部の流れ・特徴

マレーシア看護学部
  1. 書類審査
    ほぼ高校3年次に履修した科目と成績で判断されます。
  2. 通常の入学準備
  3. 通常通りのマレーシア大学留学準備をします。
  4. 学士号プログラムなら4年間、ディプロマプログラムなら3年間学ぶ
  5. 卒業
  6. NBM(Nursing Board Malaysia)登録
  7. マレーシアの看護資格試験を受験(マレー語で申込・英語の問題を解答)
  8. マレーシア看護師登録(ただし、マレーシアですぐに働くことはできないので、日本など他の国で働く)

↑ PAGE TOP

看護師の平均年収各国比較

参考:SALARY EXPERT

アメリカ US$84,980(1US$135円で約1150万円)
オーストラリア AU$108,465(1AU$95円で約1030万円)
カナダ CA$91,626(1CA$105円で約960万円)
イギリス £47,945(1£165円で約790万円)
日本 759万円
マレーシア RM101,106(1RM30円で約300万円)

※RM30円、US$135円、CA$105円、AU$95円、£165円で換算。

↑ PAGE TOP

マレーシア大学看護学部卒業後の進路例

日本で看護師になる場合

日本
  1. マレーシアの大学看護学部卒業(日本の看護学部に近い選択科目を履修)
  2. マレーシアの看護資格試験受験(合格率99%)
  3. 日本の看護師国家試験の受験資格審査(万が一単位不足が指摘されたら科目履修生として追加単位取得)
  4. 看護師国家試験を受験
  5. 合格&正看護師登録
  6. 就職&勤務開始

アメリカで看護師になる場合(ビザ的に難しい)

アメリカ
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 2年以上勤務
  3. IELTS全スキルで7.0取得
  4. SSNがいらない州の中でスポンサー病院を見つける(エージェントを使うのが一般的)
  5. 働きたい州のNRBから登録申込
  6. NCLEX-RN受験&合格(世界各地のPearson VUE試験センター・外国大学卒業者の合格率46%)
  7. 永住権やH1-Bビザなどを取得して渡航&勤務開始

カナダで看護師になる場合

カナダ
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 2年以上勤務
  3. 英語スコア取得(IELTS speaking 7.5、reading 6.5、他7.0)
  4. 州を決める
  5. NNAS申請、書類提出(公証付)
  6. NNASが州のregulatory bodyとCGFNSに提出書類をadvisory reportとしてまとめて共有
  7. 各州のregulatory bodyに登録(例えばBC州ならBCCNM)
  8. NCAS受験(要求された場合)
  9. Authorization to Test(ATT)取得
  10. NCLEX-RN受験
  11. ライセンス登録
  12. スポンサー病院確保
  13. Express Entry Visa取得
  14. 勤務開始
  15. 永住権申請(希望者)

イギリスで看護師になる場合

イギリス
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 1年以上勤務
  3. IELTS7.0(writing 6.5、他7.0)またはOET C+(writing C+、他B)を取得
  4. 仕事面接(エージェント利用可能)
  5. NMC Self-Assessment実施
  6. Test of Competence(ToC・CBTとOSCEの2パートあり)受験
  7. NMC申請
  8. NMC Decision Letterが届く
  9. Overseas Nursing Programme (ONP)参加
  10. 内定先に必要書類提出
  11. NHS TrustからCertificate of Sponsorship(COS)取得
  12. Health and Care Worker Visa申請&取得
  13. 勤務開始
  14. 勤務開始3年後にCOS延長
  15. 勤務開始5年後にHealth and Care Worker Visa延長
  16. 永住権申請(希望者)

オーストラリアで看護師になる場合

オーストラリア
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 2年以上勤務
  3. IELTS全スキル7.0取得
  4. NMBA登録
  5. AHPRAからBridging(IRON)の参加資格を得る
  6. オーストラリアの大学のBridgingを申し込む
  7. ETA/ワーキングホリデービザ/学生ビザなどを取得
  8. 3か月間受講(4週間授業+8週間仕事)(6ヵ月以上に伸びる可能性あり)
  9. AHPRA登録
  10. Subclass 482 Temporary Skill Shortage Visa Medium-term streamを申請&取得
  11. 3年以上働く
  12. 州や雇用主にスポンサーになってもらい永住権申請

ニュージーランドで看護師になる場合

ニュージーランド
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 2年間勤務経験
  3. IELTS全スキル7.0以上で取得
  4. Competency Assessment Programme (CAP) 6~12週間参加
  5. ライセンス登録
  6. Accredited Employer Work Visa申請
  7. 2年間働く
  8. 永住権申請(希望者)

シンガポールで看護師になる場合(ビザの収入条件で難しい)

シンガポール
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 勤務経験(年数指定無し)
  3. 雇用主からSG$4,500/月以上の月収で内定を得る
  4. SNB申請
  5. ライセンス試験受験
  6. ライセンス登録

サウジアラビアで看護師になる場合

サウジアラビア
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. Mumaris+登録
  3. Prometric Examination for Nurse受験
  4. スポンサー病院内定
  5. Employment Visa申請
  6. Residential Permit申請

カタールで看護師になる場合

カタール
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 2年間勤務
  3. DHP登録
  4. Prometricライセンス試験受験
  5. 就職先内定
  6. ビザ申請

マレーシアで看護師になる場合(マレーシア人と結婚しない限り、ビザ的にかなり難しい)

マレーシア
  1. 日本で看護師として働き始めるまでは日本と同じ
  2. 3年以上勤務
  3. 最低月収RM3,000以上で働けるスポンサー病院を見つける
  4. Employment Pass申請

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP