山田 啓太さんの留学体験談。海外留学のことなら海外留学推進協会。

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償支援。大学・高校・語学学校への留学情報・奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学推進協会 > 体験談 留学生の声 > 山田 啓太 さん

山田 啓太 さん

留学生の声

「日本人の誇りがでました。日本人の自分を持てたのが大きいですね。」

アメリカのMerryville College(4年制大学)へ留学し、卒業後にエミレーツ航空へ就職した山田啓太さんから、就職活動や、留学中の体験についてインタビューしました。 山田さんは現在ドバイ在住のため、東京とドバイをスカイプでつなげてお話しました。

アメリカ4年制大学(Maryville College )卒業。
アメリカの中学校でインターン。
ドバイのエミレーツ航空へ就職。

インタビュー

Q. 就職活動をしたのは、卒業してから?

就職活動は、アメリカにいたので日本の大学生みたいにはできてないんですね。

学生中は、ボストンのキャリアフォーラムに参加したり、夏休みに日本に帰った時に東京キャリアフォーラムに行ったりしましたけど、3年生のときはうまくいかなかったですね。卒業する前後に色々調べ始めて、帰ってきてから上手くできましたね。時間があったので。

Q. もし、日本企業で働く場合、もう少し早めの就職活動が必要でしたよね?

結局、アメリカの日本留学生は、3年生くらい就職活動を始めて行かないと、卒業して就職活動を"さあ始めよう"としても遅いと思いますね。

僕の場合は、3年次からアメリカのキャリアフォーラムに参加していたのが良かったです。 3年生のときからボストン、ニューヨーク、ロス、東京であるので、そのようなキャリアフォーラムに参加した方がいいです。

Q. ボストンなどのキャリアフォーラムは、企業との面接予約をとらなくてもいいの? 3年生のときから面接はとれた?

卒業

何社かは面接がとれて、もちろん一次面接でだめでしたけど、面接・筆記試験はOKでした。

面接の予定が何もなくても、当日行ってみたら、ウォークインで話せますし、当日面接ができなくても収穫はあると思います。 とにかく、そこに行くと凄い数の日本人がいるので、「これはしっかりやらないかんぞ」っていう気持ちが強くなりますね。 とくにボクが行っていた大学は Maryville College という小さい大学なんですけど、周りのアメリカ人学生は就活とか何もしないわけですよ。

だからやっぱり、日本の就職活動は独特なので、3年次から就職活動したり、積極的に情報収集したり、自己分析したり、将来何をしたいのか考えたりするのは大事だと思います。

Q. 自己分析はどのようなことをやりましたか?

自分の生い立ちから考えて、今までどうのような方向に進んできたのか、また、自分の人生でどういうことが重要な出来事だったのかとか、色々と考えました。 それは、履歴書やアプリケーション用の就活のためだけでなくて、4年間の留学はどうだったか、これからどうしたいのか、をかなりしっかり考えられたので、面接の時にもスンナリ自分を出すことができました。

Q. そういう自己分析を行う前と後では何か変わりましたか?

やっぱり、話に一貫性が出ました。 何が目的で留学して、大学で何をして、これから何がしたいのかを自分の中で整理してうまく伝えられたと思います。

Q. じゃあ3年生の後半から本格的に就職活動をしたんだ?

3年生のときから就職以外にも、大学院のことも調べましたし、日本に帰ったときにも就職活動もしていましたね。 3年10月にボストンや夏に日本に帰ったときもキャリアフォーラムに行きましたね。キャリアフォーラムはマイナビとCFNかな

Q. 結局キャリアフォーラムは何回参加しましたか?

3回ですね。アメリカで2回、日本で1回ですね。 これは個人的なことなんですけど、アメリカに4年間いたので、なかなか日本の企業の中で本当にここで働きたいという企業を見つけられなかったのは事実です。

心理学部卒業で目指せるのは、技術系は無理なので、総合職になりますね。ですが、果たしてそのような仕事をしたいかが分からなかったこともありました。

Q. エミレーツ航空に決まったのは、卒業後ですよね。

ドバイ

卒業する前に仕事が決まらなかった場合に、OPTを利用してインターンをしようと決めてました。
実はエミレーツが決まった後に、またアメリカに戻って"中学校のスクールカウンセラー"として働いていたんですよ。 もし、その間に仕事が決まらなければ、大学院に進学しようと考えていました。 ただ、そこでエミレーツに受かったので、日本に帰ってきました。

エミレーツ航空に限って話をすると、エミレーツは人気企業で、凄い数の応募があるんですね。 月に何万枚単位で履歴書が届くみたいなんですね。そんな中で、自分が英文履歴書と写真を送ったんですけど、それで次の審査に進めたのはビックリしたんですね。

その後は、一次試験と二次試験。 一次試験は東京のヒルトンホテルで、面接官1人に対して面接者が3人いて全て英語なんですね。

二次試験も東京ヒルトンで、それで1日かけてあったんですよ。 個人面接からグループディスカッション、英語の試験を1日かけて行って、その場で落ちた人が帰っていく、といったシステムでした。

その日だけで70人から16人まで絞られて、最終的に7〜8人くらい決まります。

Q. エミレーツ航空は、山田さんのどのような点を評価していると思いますか?

そうですね、エミレーツの面接を振り返ると、自分で言うのもなんですけど、英語力は他の人と比べるとずば抜けていたと思います。他の人は、短期留学や1年といった留学の人が多かったので、4年間留学した自分との差は大きいと感じました。 2次試験で行われた英語の試験はTOEICに近いと思いますけど、満点だったと思います。

他の人は難しいと感じていたようなので、英語力の面では評価されていると思います。グループディスカッションで10人くらいで話す時も、他の人よりはアピールできていたと思います。 Maryville College に行って良かったのは、大学が小さいんですね。 だからクラスでも先生1人に対して10人くらいの生徒なんですよ。

なので授業スタイルも常にディスカッションが多いんですよね。先生が「じゃあ、啓太どうおもう?」とか聞いてくるんですね。 そういった意味でも面接のグループディスカッションは、本当に楽というか、いつも授業でやっていたスタイルでやるだけだったんですね。

なので、正直なところ自分にとってはかなり有利な面接スタイルでしたね。

個人の面接のときは、過去のことを聞かれるんですよね。 「なんで留学したのか?」「留学中にどんなことをしたのか?」「仕事の経験があればどういうことをしたのか?」とか。そういうことは自己分析をして、自分はなぜ留学して留学中にこういうことをした・・・とか全て考えていたので、すんなり伝えることができて、エミレーツ航空にはすんなりと受かった気がします。

Q. 海外の大学に留学している方は、"留学して良かった"と話してくれる方が多いですが留学して良かったですか?

そうですね、自己満足かもしれないですけど、成人式とかで日本の大学生の友達に会うじゃないですか。そのときに自分の中で留学してよかったな、と感じます。

同年代の友達と話してみて、アメリカでの大学留学経験で、自分の考え方が変わったことがよく分かるんですね。

Q. 今はエミレーツで働いていますが、これから別の仕事を考えたりはしますか?

エミレーツ航空

まだはっきりとは決まっていないですけど、3年間はしっかりと働こうと思います。 仕事の経験を積んで、お金もためて、で、もう少し大学院で勉強しようかな、とも考えています。 また、今の仕事をステップに、他のキャリアも考えています。でも、まだ23歳なので、今のところはここで3年間働こうと思います。今の仕事はとてもいいと思ってるんですよ。 若いうちに色んなところにも行けるので(笑)。

今の仕事をもっと気にいれば、続けて働いていると思いますけど、正直大変なんですよ(笑)。
色んな国に行かないといけないし、時差も変わるので友達と連絡をとるのも大変だし・・・。

だから、果たしてこれをずっとやれるか?ずっとドバイに住めるか?と聞かれると「う〜ん」と悩みますね(笑)。

Q. 大学は心理学を専攻でしたよね?何か研究・勉強テーマはあったんですか?

卒論は「いじめ」について書きました。いじめについて、アメリカの西洋的な観点と、日本の特質的ないじめのことを書きつつ、いじめと教師の役割について書いたんですよ。

で、日本の母校とか、小中高校とか、父親が教師なので、親にも頼んでアンケート調査を行ってもらって、それをもとに自分の結論を導きました。  いじめについての行動学的なことになります。
いじめに関しては個人的に色々と強い思いがあって、そのテーマで卒論を書きました。

Q. 大学院にいったらそのようなことを研究したい?

そうですね。 教育と心理学を関係させたところを研究したいですね。

アメリカの大学を卒業してからどういう進路があるかというと、(1)卒業して日本で働く、あとは(2)専攻した科目でOPTをする、(3)それを有効活用してアメリカで働き続ける。(4)その間に大学院なり、就職を考えるという手があります。 ただ、アメリカで日本人が仕事を見つけるのはかなり大変です。

Q. OPTの働く先をみつけるのは大変ですか?

それは大変ではなかったです。 大学の教授はものすごくコネクションが多いので、電話一本で決まるんですよ! 自分のアドバイザーの先生にOPTしたい、こういう仕事をしたい、と相談すると、「あ〜、じゃあ○○中学の○○に電話するよ」ってすぐ対応してくれて、次の日に面接に行ってそこのスタッフと意気投合して働くことが決まった、みたいな感じでした。

Q. 大きい大学だと、教授や学校スタッフの、そこまでのサポートは難しそうですね。

本当に小さい大学だったので、大学と社会のコミュニティがしっかりしているんですね。

中学校も大学とつながりがあって卒業生が働いていたりもするので、強いコネクションがあるんですね。 学校自体もインターン生の受入れを経験しているんで、対応も慣れているんですよね。 なので、すごく良かったですよ。 短い期間でしたけど、いい経験ができました。

Q. 大学中に、学業以外になにかスポーツとか活動は行いましたか?

友人たち

僕はサッカーをするんですよ。 僕がリーダーになって、大学のサッカークラブを作りました。自分たちでチームを作って、練習試合を組んだり、トーナメントに参加したり。 大学内では、サッカーに限らず色々とクラブがあるので誰でもそういうのに参加できるので、学業プラスアルファの活動を行えますね。サッカークラブをを運営するために資金を集めないといけないんですね。そのときに、カフェテリアのシェフとすごく仲良くて、そのシェフがすごく本を読む人で古本を寄付してくれたんですよ。 で、それを売って、ファンドレイジングでお金を貯めました。たまたまその時にハイチの大地震が起きたんですけど、集めた資金の30%を募金したりもしてましたね。 学業以外に、募金活動したり、サッカークラブを運営したのは楽しかったですね。

Q. じゃあ、勉強は大変だったでしょ?

Maryville College は、卒論と卒業試験の両方を受けないと卒業できないアメリカで唯一の大学なんですよね。卒論を書き上げて卒業試験もパスしないと卒業できないのは、昔ハーバード大学がやってたみたいなんですが、今は、メリービルだけですね。

Q. アメリカの大学生は、基本的には卒論は書かないですよね?

卒論は修士(大学院)では書きますけど、4年間の学部課程では普通書かないですね。

でも書かされました(笑) メチャ大変でした(笑) 卒業試験も1年生から学んだ心理学の内容が全て出るんですよ! だから、机の横に1年生から使ってきたテキストをバ〜っと全部並べて、一から復習しました。

Q. 専攻を心理学にすると、1年生から心理学の授業を取るんですか?

とれますけど、僕は採らなかったです。 メリービルカレッジはリベラルアーツカレッジなんで、例えば、歴史とかアートとか英語のクラスとかを最初にとってました。

2年・3年次から徐々に心理学のクラスを増やしていきましたね。

Q. 山田さんはメリービルカレッジなので、留学前に十分なTOEFLスコアを取っていったんですか。

えっと、TOEFLは530点だったかな。そんなもんですけどね(笑)

Q. いきなり大学の学部課程の授業って不安じゃないですか?

学生達

最初にいったときは不安でしたね(笑)。 だから、最初は数学のクラスとかとってました。まだ、内容がわかるんで。 でも、歴史とかの内容は無理です(笑) 読めない。

だから、最初は理系とか、読む量が多くないクラスや、書く量が多くないクラスをとることをオススメしますね。

Q. 山田さんが心理学を専攻したのは3年生から?

一応最初から心理学専攻だったんですけど、心理学のクラスを中心にとり始めたのは、3年生くらいからですね。

Q. 専攻の授業になると勉強はさらに大変になりますか?

4年目は、ほぼマックスの18単位をとってたんですね。 全部心理学だったんですけど、すごく楽しめました。本当に楽しくて、4年目はとくにそう感じました。

Q. そうなんだ。海外の大学に留学している人は、「高校生のときは勉強が嫌いだったのに、アメリカに行ってから勉強が楽しくなりました」って言ってくれる人が多いんですが、どうしてですかね?

何ですかね? 授業とかすごく積極的になれるんですよ。 授業スタイルが面白いんですよね。生徒も少なくてクラスで好きな意見を話せるし、4年目となるとそれなりに知識も増えて来るんで深い議論もできるんですよね。

後は、やっぱり好きな内容だからじゃないですかね。 だから、勉強しなくても成績は全部Aでした。
授業だけで頭にも入ってきたので、テストも問題なくできて、日本みたいに詰め込みでやるよりも、本当に授業を楽しんで、プラス本当に学んだことが身に付いて、それが結果的に成績でも現れてました。

Q. 授業にはアメリカ人以外にも色んな国の人が参加してましたか?

うちの大学は結構留学生がいて、アジアでは、中国・韓国・タイ、 ヨーロッパだとフランス・イギリス・ドイツ、あとロシア、アフリカの学生もいましたね。

Q. 国が異なると考え方が違いますか?

はい、それが楽しいんですよね。

Q. ちなみに、アメリカではどのくらい勉強してましたか?

Maryville College

課題が結構多くて、最低2時間は勉強してますね。 少なくとも2時間はしないと終えられないです。課題は「教科書読んでこ〜い」とか「エッセイ書いてこ〜い」というのがありますけど、学期前にシラバスが配られますよね。

シラバスには、"今日の宿題はコレ"と書いてあるので計画的にできますし、テストも日程が分かってるんで、それに合わせて勉強できますね。 テスト前は、かなり勉強してました。

ほぼ徹夜ですね、ほんと。 あんまり僕はその・・・計画的にやれてなくて(笑) 短い期間に、短い苦労でやってました(笑) みんなはわりと長いスパンでやってましたけど、僕は試験二日前くらいからダ〜って集中して行ってましたね。

Q. 大学生の内にどのくらいの本を読むんですか?

本は、結構読みますよ。授業のテキストと別に追加教材も読まされるんですよ。 本当にかなり読むし、かなり書きます。 本を読んで、そこに自分の考えを足して、かなり書きます。卒論のときはかなり読んで書きましたよ。 卒論だけで、30〜40冊は読みました。 深く考えて深く書かないといけないので、英語だけじゃなくて日本の本も読みました。

Q. 成績の評価は普段の授業も大切ですよね?

そうですね。 出席率がまず大事です。 欠席は3回までは許されますが、4回目からは成績が下がります。あとは、授業中の態度も評価に含まれますね。普段の課題とかテストとかも大事ですね。 ただ、大きなウェイトを締めるのが、大きい三つのテストであったり、最後の課題だったりします。 なので、そういうところも力をいれないとだめですね。

Q. 留学する前に、日本でやっておけばよかったと思うことはありましたか?

もうちょっと、留学について深く考えたかったですね。 留学してどうするのか、とか。 心理学で4年間やりましたけど、途中で統計学に興味を持ったりもしてきて、留学前に下調べするにこしたことはないかと感じました。 でも、そんなにやっておけばよかったというものはないですね。

Q. では、留学して本当に良かったと思うこは?

なんか、日本人の誇りがでましたね。 今もそうですけど、すごく自分が出てきました。 もちろん英語を話せるとか、世界中の友達ができたとか、色んな経験ができたとかありますけど、僕の中ではやっぱり、高校を卒業してアメリカに来て、「自分ってこういう人間なんだ」って分かったことが大きいですね。

それは、アメリカから日本を見たり、色んな国の人と話をしたりして。 大学では、自分が日本代表なわけじゃないですか。 そういった部分で、日本人の自分を持てたのが大きいですかね。 僕の場合は、自分の人間的な部分で成長できたのが一番大きいですね。

Q. これから留学する方に、就職活動に関してアドバイスを頂けますか?

友人

就職のための大学生活にはして欲しくないことですかね。

というのは、大学生活では色んな可能性が自分に出てくるんですね。その時点で、自分が何をしたいのかをしっかりと考えて欲しいと思いますね。

留学すると本当に強く感じると思いますけど、日本人の心が大きくなるんですよね。 なので、常に日本と海外の架け橋のような存在になりたいと感じると思うんですよね。 僕も、将来日本を背負って頑張りたい、といっても別に格好つけてるわけじゃないですけど、そういう気持ちもありますし、そういう意味で、高い目標をもって欲しいですね。

就職で人生全てが決まるわけじゃないし、大きい意味で可能性を広げていけて、あくまでステップアップとして就職を捉えて欲しいですけどね。 僕も今の仕事が人生全てではないし、あくまで自分のキャリアアップ、今後のステップアップとして捉えてます。 だから、就職のための4年間にして欲しくはないです。

↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP