本文の開始

米国高校交換留学プログラム。海外留学のことなら海外留学推進協会。

米国高校交換留学プログラムはアメリカの国務省が推進した日本をはじめ世界51ヵ国の高校生を対象に
運営されています。授業料は免除でホームステイで滞在しながら現地の公立高校へ通学します。

公立高校へ通学+授業料は免除+ホームステイ

高校生のためのアメリカ交換留学プログラムです。
授業料は免除でホームステイで滞在しながら現地の公立高校へ通学します。

海外留学推進協会 > アメリカ留学 > アメリカ留学先一覧 > 高校交換留学プログラム

アメリカ高校交換留学説明会&英語模擬試験(無料・要予約)

授業料免除、ボランティアホームステイに滞在しながら
現地の公立高校に通うプログラム。
低予算で海外の高校に留学できる人気プログラムの
説明会を開催します。

東京・新宿会場の日程

セミナー名
アメリカ高校交換留学説明会
&英語模擬試験(無料・要予約)
対象者
中学3年生〜高校2年生対象
日時
●10月9日(日)
13:00〜15:15 説明会 & 過去留学生体験発表
15:30〜17:00 英語能力試験(ELTiS)
●10月23日(日)
13:00〜15:00 説明会
15:00〜16:30 英語能力試験(ELTiS)
場所
AISE日本事務局
(全研本社(株) リンゲージ事業本部内)
東京都新宿区西新宿1-4-11
全研プラザ9F
アクセスマップ


大阪会場の日程

セミナー名
アメリカ交換留学 個人相談会
対象者
中学3年生〜高校2年生対象
日時
●2016年10月16日(日)10:30〜
※英語能力審査も実施可能です。予約制。希望の時間をお知らせください。
場所
全研本社会議室
大阪市西区江戸堀1-8-14
肥後橋SKビル8階
アクセスマップ



説明会への参加方法

AISE日本事務局
aise@ryugaku.or.jp
フリーダイヤル:0120-771-681


手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちらでご確認ください。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メールまたはお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら


このページのTOPへ

高校留学の定番 アメリカ高校交換留学とは

米国高校交換留学プログラムは1961年に米国国務省が推進した<十代の青少年交流計画>に基づき、CHI/ICES(現地受入機関)が日本をはじめ、世界51ヵ国の高校生を対象に運営しているものです。

アメリカ高校交換留学の主な目的は異文化体験

異文化体験

自分の目的に合わせて学校を選択する正規留学いわゆる私費留学とは異なり、留学先を自分で選ぶことができません。留学生だからといって特別扱いはなく、現地の高校生と同じ留学生活を体験することができるのが、交換留学の醍醐味といえるでしょう。

アメリカの公立高校への入学は基本的に交換留学生しか認められていないため、留学生(日本人)が少ない環境で現地の社会や文化を体験する絶好の環境が整っているのがアメリカ交換留学です!!


米国高校交換留学の3つの特長

  • アメリカの公立高校1学年間(10ヶ月間)通うプログラム
  • 授業料は免除で現地の高校生と同等に扱われる
  • 滞在方法はボランティアホストファミリー

AISE日本事務局の6大特長

  1. トールフリー(通話料金着信払い)で留学先から電話相談でのサポート
  2. 審査料無料
  3. 早期留学手続書類終了者奨励金制度
  4. 指定校助成金制度
  5. 国内事前英語トレーニングプログラム無料提供
  6. トライアル審査

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

中学高校専門の留学団体!AISE日本事務局

AISE日本事務局

AISE日本事務局はAISE(American Intercultural Student Exchange・米国非営利教育法人)の日本事務局として1990年にアメリカ高等学校交換留学生の派遣を目的に設立されました。

以来、アメリカ・カナダ・イギリス・スイス・オーストラリア・ニュージーランド・アイルランドの公立私立中学・高校に日本から留学生を派遣しています。

加盟団体

  • CSIET:米国・国際教育旅行基準協会 アソシエイト会員
  • JAOS:一般財団法人 海外留学協議会会員

このページのTOPへ

アメリカの高校生活

早わかり!日本とはここが違う!ハイスクールの生活。

  日本 アメリカ
在籍学年 3学年(1〜3年) 4学年(中学3年〜高校3年)
学期 3学期制 2学期制 前期:8・9月〜12月20日前後
後期:1月3日〜5月下旬・6月
教科 選択教科が少ない 必修科目:アメリカ史と英語 その他は選択 
授業科目例はこちら
授業 クラス単位 *先生が教室に移動 取得教科によってクラスメンバーが変わる
(複数の学年が混在)
授業時間 40〜50分 43分〜53分・90分など学校によって異なる
宿題 時々 ほとんど毎日
担任 クラス担任 カウンセラー:学生によって異なる
部活 一年間同じクラブ シーズン制:秋・冬・春ごとにスタート
クラブ例はこちら

High schoolでの授業科目例

語学
  • Journalism(ジャーナリズム)
  • Speech(スピーチ)
  • Writing Skills(作文)
  • French(フランス語)
  • Spanish(スペイン語)
数学
  • Algebra(代数)
  • General Math(一般数学)
  • Geometry(幾何学)
  • Trigonometry(三角法)
社会
  • American History(アメリカ史)
  • American Government(アメリカ政治
  • Economics(経済)
  • Psychology(心理学)
  • Sociology(社会学)
  • Geography(地理)
  • Law(法律)
  • World History(世界史)
理科
  • Astronomy(天文学)
  • Biology(生物学)
  • Geology(地質学)
  • Physics(物理)
芸術
  • Ceramics(陶芸)
  • Commercial Art(商業美術)
  • Design(デザイン)
  • Painting(絵画)
  • Photography(写真)
  • Music(音楽)
  • Music Piano(ピアノ)
  • Choir(聖歌隊)
  • Ensemble(アンサンブル)
  • Theatre Acting(舞台演技)
  • Band(バンド)
  • Film/TV.Producing(映画/テレビ制作)
体育
  • Physical Education(体育)
  • Athletics(アスレチック)
  • Tennis(テニス)
  • Weight Training(ウェイトトレーニング)
  • Health Education(保健学)
その他
  • Accounting(会計)
  • Agriculture(農業)
  • Business(ビジネス)
  • Book Keeping(簿記)
  • Typing(タイプ)
  • Computer(コンピューター)
  • Stenography(速記)
  • Child Care(幼児教育)
  • Drafting(設計)
  • Food & Nutrition(食物と栄養)
  • Family Management(家庭管理)
  • Technology(テクノロジー)
  • Graphic(グラフィック)
  • Mechanic(機械学)
  • Year Book(卒業アルバム作成)

クラブ活動(クラブ例)

クラブ活動

放課後のクラブ活動はたくさんの友人をつくる絶好のチャンスです。種類も多様です。スポーツのクラブはシーズン制で1学年の間に複数のクラブに参加することが可能ですので積極的にクラブ活動に参加し、たくさんの貴重な体験や想い出を作ることをおすすめします。


スポーツ系 文化系
  • BASEBALL
  • BASKETBALL
  • TENNIS
  • AMERICAN FOOTBALL
  • FIELD TRACK
  • CROSS COUNTRY
  • SOCCER
  • VOLLEYBALL
  • SOFTBALL
  • SURFING
  • SKI
  • DANCE
  • HOCKEY
  • CHEER LEADER
  • JAZZ
  • CONCERT CHOIR
  • BAND
  • SPEECH
  • INTERNATIONAL
  • COMUPTER
  • DRAMA
  • CULTURE
  • SCIENCE
  • ART
  • STUDENT COUNCIL
  • YEAR BOOK
  • FUTURE FAMRMERS OF AMERICA
  • NATIONAL HONOR SOCIETY

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

ホームステイの生活

ホームステイ

ホームステイの意義

文化や習慣が違う異国の地に長期にわたって生活をしていくことは、最初は大変なこともあります。しかしながら留学生がホストファミリーの価値観、人生観を知り、また地域の人間関係や世代の違いなどアメリカの真の姿を知り、直接肌で感じることがホームステイの意義といえるでしょう。


よくある質問Q&A

Q. ホストファミリーはどんな家庭ですか?

A. 一般的な家庭で、すべてボランティアです。無償で食事や部屋を提供してくれるばかりでなく、あなたを家族の一員として暖かく迎えてくれます。事前に地区担当員がホストファミリーとしてふさわしいかをチェックし、その際、趣味や生活習慣なども個々の留学生に合った家庭を選ぶ際の参考にしています。

Q. 良い関係を築く秘訣はありますか?

A. ホームステイとはその家族の一員になることで決してゲストではありません。従って家族の一員としてのルールや役割を正しく理解し、実践することがホームステイの成功のカギとなります。常に感謝と尊敬の意を持つことが必要です。

例:門限/夕食の時間/お手伝い/就寝時間/友達付合い/掃除洗濯/コンピューターの使用etc.

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

充実したオリエンテーションと準備教育

事前研修について

<その1>留学前オリエンテーション

出発前に留学中の心構えや現地での生活の常識やルールを1日かけて詳細に高校交換留学生の参加者全員と一緒に学んでいきます。その際、各グループに分かれ、現実に起こりうる場面を想定してどのように対応していくのがベストなのかを留学生同士で話し合い、意見交換をしていきます。

また、出発直前には、保護者同伴のオリエンテーションも実施させて頂きます。

<その2>国内事前英語トレーニング

*すべて無料提供*

Part1―TOEFLオンライン学習―

実践の英会話力を身につける

日本人が苦手なTOEFLの問題作成にも関わったエキスパートチームが日本人のために作ったオリジナルのオンライン学習教材でファースト〜サードステージ(各ステージ:400時間)の3段階で構成され、リスニング・リーディング・グラマー・ライティングの4科目を学習するプログラムですが、参加者が出発までに参加者により高い英語力を身につけていただくためにファーストステージ(各16ユニット)の一部、8ユニットのリスティングとリーディングおよびグラマーを提供します。学習はすべてインターネットで受講ができ、また、学習状況がオンラインで記録させますので、参加者と保護者およびAISE日本事務局で学習状況を把握できるようになっております。教材開発者はスーパー英語Academic Expressの開発者でもあり、早稲田大学国際教養学部、上智大学、慶応大学、立教大学、同志社大学など50以上の大学が導入し、成果を上げております。

※解説付き、デモ版を事前に無料体験できますのでご希望の方はご連絡ください。

実践の英会話力を身につける

Part2―オンライン英会話Linguage Speak―

Skypeを利用しての英会話レッスンとなります。厳しい研修で指導技能を認定された講師が担当し、パソコンやタブレット・スマホで海外にある専用センターとでマンツーマンのレッスンを受けられ、出発前のスピーキング力向上に最適です。

レッスン 25分/回 30回
レッスン実施予定期間 3月下旬から6月下旬の一ヶ月間
事前研修について

<その3>留学準備研修プログラム

留学先の留学生活(ホストファミリーおよび学校生活)を、より充実した意義あるものにするための研修を設けています。本プログラムは英語力の向上のみならず授業・ホームステイを通じて事前に留学生がその国の文化・生活習慣の違いに戸惑うことなく、留学生活にスムーズに入れることを目的としております。


研修内容 英語力のレベルによってクラス分けされ、他国からの留学生とともに少人数制のクラスで英語学習および、留学生活に必要な様々な事を体験学習するプログラムを組み込んでいます。
研修予定地 カリフォルニア州または西海岸地域(受入機関により異なる)
期間 毎年7月下旬頃から約4週間

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

留学中のサポート

本留学プログラムは、AISEと緊密な連絡をとりながら運営にあたっています。

サポートのイメージ

公衆電話からも利用できるトールフリー(料金着信払い)により、AISE日本事務局のスタッフが直接留学生からの悩みや相談を受けることができるシステムです。早期に迅速に悩み事や問題などに対処して参加生が有意義な留学生活を送れるよう、また保護者が安心していられるよう勤めております。

なお、トールフリーで日本の派遣団体に連絡できるシステムはAISE日本事務局のみです!

その他のサポート内容

サポート内容

出発前

  • アプリケーション(留学手続書類)の作成のアドバイス
  • オリエンテーション:春休み・保護者同伴・出発当日のオリエンテーション
  • 渡航手続書類作成とビザ面接予約および面接時の指導とアドバイス

留学中

  • 気軽にかけられるトールフリー(通話料無料)で日本語による相談やアドバイス
  • 参加生の悩みや諸問題への対応
  • 現地からの問題提議連絡内容によって参加生への確認とアドバイス
  • 保護者および在籍校からの連絡や伝言を参加生へ連絡
  • 参加生からのホストチェンジ希望があった場合、早期ホストチェンジのサポート(但し正当な理由の場合)
  • 留学先で発行された重要事項など書面を参加生に説明し、改善のためのアドバイス
  • 毎月レポートを保護者と在籍高校に報告
  • オプショナルツアーや小旅行の参加時の保護者への承諾書などの送付
  • サポート内容
  • 緊急時の対応
  • 帰国時ロサンゼルスでのオプショナルツアーとオリエンテーション

帰国後

  • 進路相談および再留学手続き
  • 帰国子女受験などの情報提供
  • 進学に必要な証明書などの発行
  • 海外進学時の手続きとアドバイス
  • 米国四年制大学奨学金プログラムを優先枠で紹介

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

体験談

こういうことができるのもアメリカならではです!!

留学体験談

今井 双葉さん

  • 私立東洋英和女学院高等部出身
  • カリフォルニア州Paso Robles High Schoolに留学

留学期間中たくさんの経験や出会いがありました。始めの頃は他の人達が何を話しているのか分からないほど英語ができなかったことを鮮明に覚えています。友達同士で話していることに全くついていけず、一人取り残された気分でした。宿題の量は少ないけど、やりこなすことにとにかく時間が掛かりました。時には友達に手伝ってもらったりしていましたが、やがて一人で数時間で終わらせるようになり自分の成長に自分で驚くほどでした。英語がだめだった私でも親切に、丁寧に、分からないところを教えてくれた、そんな先生たちに出会えたことが私が大きく成長できた理由の一つだと思います。先生の他にも友達と一番過ごす時間が多いと思います。

流行っていること、授業について教科書にはない口語表現を教わったりと話す内容は様々ですが、友達が一番私に影響しました。私が通った学校の人達は本当に良い人達ばかりで、会えば"Hi Futaba!"とかニコッと微笑んでくれたりします。

英語のクラスでは問題を解くのに他の生徒と比べて倍時間がかかるのですが、解き終わって提出の時は"Good job Futaba!"と言ってくれる男友達がいたり、男女関係なく、楽しく過ごすことができました。

たまに、他国からの交換留学生と比べて、英語ができないなと落ち込んだこともありましたが、そんな時は"自分は自分"と気持ちを切り替えるようにしています。

ホームステイ

今までで一番の思い出は学校が始まる前に湖でキャンプしたことです。テントを張り、日中はボードに乗ったり、犬と一緒に泳いだり、水上スキーなど日が暮れるまで遊び倒し、夜になれば野外で映画鑑賞やキャンプファイヤーをしたりと一週間遊び尽きないほど楽しかったです。初め受入れてくれていたファミリーは12月までだったので、クリスマス前には予定通り、ホストチェンジをしましたが新しいファミリーは、留学でやりたかったダンスを習わせてくれたり、FFAとしてフェアに参加させてくれたり、私がやりたいことをやらせてくれるとても良いファミリーでした。因みにFFAとはFuture of Farmer Americaで高校生が牛や羊を育てて、コンテストに出場し、オークションで売ると言う未来のFarmerを鍛え上げるアメリカ全土規模の団体です。私は羊を育ててフェアに参加しました。

こういうことができるのもアメリカならではです!!

できなかったこと、出会えなかった人達。実現できたのはいつも応援してくれている日本の家族や先生、友達のお蔭だと思っています。

もし留学するのを迷っているのなら、私は留学するべきだと思います。

たくさんの人達と会えるのはもちろん、日本という国、自分の家族が一番ということに気づける機会だからです。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

募集要項

留学先

申込受付締切

アメリカ全米各州の公立高校(ハワイ・アラスカ州を含む)

  • 私立高校も希望することも可能です。(授業料 US$2,500〜$4,000が別途必要です)
  • 米国内に受け入れを希望するファミリー(知人・友人)が居り、その地域の高校の入学許可を得られれば、そこへの留学が可能です。
  • モルモン教信者などのホストファミリーを希望する場合は、事前にご相談下さい。

留学期間

留学準備研修参加者 毎年7月下旬〜翌年6月頃
留学準備研修不参加者 毎年8月中旬から翌年6月頃

募集定員

40名

応募資格

  • 出発時に高等学校、高等専門学校、専修学校高等課程、単位制・通信制に在籍していること
  • 1999年2月29日から2002年4月1日までに生まれた方
  • 過去に米国の学生ビザ(F-1)を取得していない方
  • 国籍不問 但し米国査証取得可能な方

申込受付締切

    申込受付締切
第1期
2016年7月31日
第2期
2016年8月31日
第3期
2016年9月30日
第4期
2016年10月31日
第5期
2016年11月30日
第6期
2017年1月7日
第7期
2017年2月28日
第8期
2017年3月8日 ※申込受付締切
※但し、受入枠がある場合は、4月まで受付ます。


審査

審査について
  • 翌月上旬〜中旬(全国主要都市で実施)
  • 英語能力模擬試験(ELTiS)
    ※英語能力模擬試験で基準を満たしている方は免除
  • 適正検査
  • 作文(課題:私が留学から得たいもの)
  • 本人面接および保護者面談
    ※留学の目的・意欲・順応性・性格・プログラムの理解度など
  • 中学1年から現学年までの成績

仮合格が決定してから申込みできるトライアル審査
<審査無料>

個人相談などで本審査と同じ内容をトライアルとして受けていただき、その結果を基にご家庭や学校関係者と相談した後、申込み手続きをしていただきます。

審査料

無料

合否発表

受領後一週間以内に通知

登録金納入

合否通知受領後14日以内(\200,000 プログラム費用に充当)

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

総額概算費用(手続き〜帰国まで)

プログラム費用

プログラム費用
プログラム費用 \1,440,000
留学準備研修プログラム費用(4週間) \240,000

プログラム費用に含まれるもの

太平洋往復国際航空運賃(航空保安料・燃油特別付加運賃などは除く)・留学期間中の学費(交換留学生のため免除)・ホストファミリーにおける宿泊・食事(ホストファミリーの善意によって提供)・日本およびアメリカにおけるオリエンテーション(交通費・宿泊費は除く)受入機関/AISE日本事務局のプログラム運営費用・留学期間中の生活指導及び通信のともなう費用・団体での出発・帰国時のスタッフ引率費

プログラム費用以外に必要となる費用

  • プログラム費用以外に必要となる費用:\165,010
  • アメリカ国内航空運賃預かり金:\130,000
    ※(帰国後、実費生産にて返戻・請求)
    • 留学準備研修参加者:留学準備研修地〜留学先〜Los Angeles
      ※準備研修不参加者:Los Angeles〜留学先〜Los Angeles
    • 査証(ビザ)申請料($160)・SEVIS費用($180):実費(2016年4月現在)
      (アメリカ国内運賃預かり金から精算)
    • 航空保安料・燃油特別付加運賃・現地空港税など:実費
      (アメリカ国内運賃預かり金から精算)

その他個人的費用

プログラム費用
  • 各オリエンテーション開催地までの交通費と宿泊費
    ・春休みオリエンテーション(参加性のみ)/ 保護者同伴オリエンテーション
    東京で実施
  • アメリカ大使館(東京)・領事館(札幌・大阪・福岡・那覇)査証申請面接時の交通費
  • 予防接種費用:ポリオ・二種混合・おたふく風邪・風疹・はしか・B型肝炎など
  • 留学中のお小遣い:毎月$150〜$300
  • 海外旅行保険:¥151,570(11ヶ月〜)

希望者のみ

  • 学校・協会主催や受入団体推奨などのトリップ及びオプショナルツアー
    参加費:$30〜
    例)ワシントンDC・ニューヨーク・フロリダ・ディズニーワールド・南カリフォルニアなど
  • AISE日本事務局主催のプログラム終了時のLos Angelesオプショナルツアー参加費用(2016年実績:$200)

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

助成金と奨学金について

その1 早期留学手続き終了者奨励金制度

2017年1月14日までに留学手続き書類(Application)を完了した方で留学準備研修プログラムの参加者に奨励金を支給いたします。

  • 早期留学手続き終了者奨励金:¥50,000

Applicationの作成から完成までは例年は2〜3週間要していますので、遅くとも12月中の受験をお勧めいたします。

助成金と奨学金

その2 指定高校助成金制度

AISE日本事務局の本プログラムの過去参加校および国際交流や英語教育に積極的に取り組みをされている学校の生徒さんに一人でも多くの留学で貴重な経験を積んでいただくために、指定校在籍の生徒さんに助成金を支給いたします。

  • 指定校助成金 ¥50,000
    ※現在中学3年生の方は出発時に指定校に在籍していること。
    指定校一覧

その3 アメリカ高校交換留学奨学生募集要項

参加者の中から、特に日本人留学生として模範となると認められた方に奨学金を支給いたします。

特別奨学生:1名
プログラム費用に含まれるもの全額支給(\1,440,000)
奨学生  :2名
1名につき\250,000を支給

※留学先・留学期間・募集資格・審査:アメリカ高校交換留学に準ずる
※奨学生の負担金:プログラム費用に含まれないものおよび留学準備研修プログラム費用(参加を希望する場合)
※義務:毎月の留学生活についてレポート提出・帰国後の各オリエンテーションへの参加

奨学生・奨励金・早期留学手続き終了者奨励金・指定校助成金支給条件はAISE日本事務局が取扱いしている「海外留学保険」に加入することが必要となります。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

その他の留学プログラム

留学プログラム

中学生および高校留学生を対象とした留学は大きく分けて二つです。

  • 正規中学留学および高校留学
  • 高校交換留学

「正規中学高校留学プログラム」

私費留学や卒業目的留学とも言われ、私立高校や公立高校の授業料や滞在費が必要となりますが(国によって異なります)、滞在方法(ホームステイまたは寮)などが選べ、自分の希望に沿った学校選択が可能です。

早分かり!正規留学と高校交換留学の違い

- 正規中学留学・高校留学 高校交換留学
主催団体 学校・教育省(教育委員会) 米国国務省
留学期間 半年・一年〜卒業まで 一年のみ
留学先 希望に沿った地域・学校を選択 地域など指定できない
費用 授業料や滞在費を支払う 授業料は免除
滞在費はファミリーの好意により免除
滞在方法 寮またはホームステイを選択 ボランティアのホストファミリー
受入基準 国や学校による
※学力に応じて学校のケアーあり
※ESL併設校の選択可能
高い英語力
その他 現地日本人のサポート ・ホストとの生活サイクルに合せる
・現地の学生と同等の扱い

AISEではアメリカ高校交換留学プログラム以外に下記の7ヶ国に留学生を送り出しております。

アメリカ

中高生の留学先としては一番人気が高い国です。正規留学(卒業目的)でアメリカの公立高校に入学することはできず、基本的には私立高校への留学となります。

プログラム 特長
アメリカ私立中学高校
留学プログラム
*留学期間は1年〜複数年(卒業まで)
*規模が小さく少人数制教育が徹底されている
*個性を大切にする教育
*滞在方法は寮、ホームステイを選ぶこともできます。
アメリカ正規私立高校留学 低予算留学プログラム
アメリカ高校交換留学プログラムの受入機関を通して、私立高校に行くプログラムです。滞在費用が低く抑えられるため、通常の正規私立高校プログラムより費用を抑えて留学ができます。
詳細PDFプログラム年間費用:$12,292〜$32,400
アメリカ公立高校
正規留学プログラム
*留学期間は1年間
*ESL(English as a Second Language/英語を母国語としない人のための英語)の
授業を履修することも可能
詳細PDF*厳選された有料のホストファミリーに滞在
*留学先は下記の州のいずれか
●ワシントン州●コロラド州●ジョージア州●ニューヨーク州●カンザス州
●カリフォルニア州●アーカンソー州●フロリダ州●インディアナ州●ユタ州
●アイダホ州●アリゾナ州●ミネソタ州●マサチューセッツ州●アイオワ州
アメリカユタ州公立高校
留学プログラム
*留学期間は1年間
*ユタ州セントジョージ市(その近郊)他の公立高校正規留学プログラム
詳細PDF*教育への意識が高い地域で治安がよい
米国籍保持者限定
アメリカ公立高校正規留学
*米国籍保持者限定
*留学期間は1年間〜複数年(卒業まで)
詳細PDF*カリフォルニア州サンディエゴ地区の公立高校 

カナダ

アメリカ同様、各州によって教育システムが異なります。カナダの教育はアメリカ系とヨーロッパ系の良い部分を集約しているようなシステムで、非常に高い教育水準と言われております。留学生を受け入れているほとんどが公立高校で、留学生への受け入れをしている私立校の数は非常に限られています。

【公立校】

各州の教育省が州内をいくつもの学区に分け、それぞれに教育委員会を設置しています。高い教育水準を維持しており、留学生が公立学校に在学する場合はホームステイに滞在することになります。

【私立校】

エリート教育や宗教に基づいてその学校独自の教育理念に基づいて運営されており、男子校、女子校、共学と形態も様々で滞在方法も寮とホームステイを選ぶことができます。公立学校に比べ留学生の受入基準が高く、必要となる費用も非常に高くなっていきます。

イギリス公私立小学中学高校留学プログラム

地域にもよりますが、イギリスの義務教育課程は11年間で5〜11歳の初等教育と11〜16歳の中等教育に分かれます。義務教育課程を修了する16歳にGCSE(General Certificate of Secondary Education)と呼ばれる統一試験を受け、その後大学への進学を目指す人は2年間のSixth Formと呼ばれる高等教育過程で2年間学びます。

留学生を受け入れている学校は私立学校が多く、日本の教育制度とは異なる部分が多いので、留学をする場合の入学年は自分の目的や英語力を十分に考慮した上で留学をするのが良いでしょう。

スイス私立小中学高校留学プログラム

スイスの学校で国際教育を学ぶために世界各国からの留学生が集まっております。

スイスには10数校のインターナショナルスクールがあり、そのほとんどがイギリスやアメリカの教育システムを取り入れており、前期・後期の2学期制になっております。全ての学校が全寮制となり、受入の審査は書類審査のみですが、学校によっては電話インタビューなどが必要な学校もあります。

オーストラリア公立私立中学留学・高校留学プログラム

オーストラリアの教育制度は各州によって異なり、6年または7年の中高一貫教育の12年制の教育を採用しているところが多く、Year12の最後には州ごとに定められた統一試験を受けることになり、Year11からの2年間はこの試験に向けた勉強になります。新年度は1月末〜2月に始まり12月に終わる4学期制(タスマニア州のみ3学期制)をとっています。
オーストラリアでは卒業という概念がなく、修了という考え方をするため卒業証書代わりに修了書が発行されるようになります。

ニュージーランド公私立中学留学・高校留学プログラム

ニュージーランドは中学・高校の区別のない一貫教育が行われます。ほとんどの学校が公立学校・ホームステイ先を手配してくれます。(寮併設の学校もあります)学校は1月末〜2月初旬に始まり、11月下旬または12月に終了する4学期制をとっています。

他の英語圏に比べて留学生の受入基準は比較的緩やかで日本の成績も参考程度までに見るだけという学校から、非常に優秀な学校まで様々です。

アイルランド私立中学・高校留学プログラム

アイルランドの留学はデイスクール(ホームステイ)とボーディングスクールの大きく2つに分かれ、男子校・女子校の割合が高いため、共学希望の場合は早めの留学準備が必要となります。

アイルランドは中等教育の後半、シニアサイクルの1年目(日本の高校1年)はトランジションイヤー(Transition Year)と呼ばれ、将来の進路や進学に向けての選択期間となり、普通の授業でなく、実務経験など通常とは異なった体験ができます。シニアサイクルの最後の2年間は試験(Leaving Certificate)に向けての授業です。この試験はアイルランドおよびイギリスの大学入試試験も兼ねた重要なものなので対策授業もハードになります。

お申し込み・お問い合わせはこちらから

海外留学についてAISE日本事務局によるサポートを利用したときの交換の手続きの流れでご確認頂けます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい。
※メール本文に「お名前」「年齢」「学校名と学年」をご記入ください。

特にお急ぎの方はお電話でご連絡ください。

AISE日本事務局

フリーダイヤル:0120-771-681
<受付時間>月曜日〜土曜日 午前10時〜午後6時(日・木曜日・祝日休業)

このページのTOPへ

ページの終了