リンデンウッド大学 ベルビル校の留学体験談。海外留学推進協会。

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学推進協会 > アメリカ留学 > アメリカ留学先一覧 > イリノイ州 > アメリカ大学奨学金留学フェア > Lindenwood University Belleville(イリノイ州) > 留学体験談

リンデンウッド大学 ベルビル校

K.O.さん 留学体験談

リンデンウッド大学ベルビル校奨学金留学体験談KOさん
  • 21歳・男性
  • 学校名:Lindenwood University Belleville
  • プログラム・専攻:Marketing
  • 留学期間:2017年8月~2018年5月
  • 留学目標:異国の文化を学ぶことを通して、日本のことについて学ぶ。また英語をツールとして使えるようになる
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学前は、自分はどれだけ正確に英語を話せるかという不安がありました。正確に話せなければ、通じ合うことや、密なコミュニケーションは難しいと考えていたためです。ですが、実際、留学を通して思ったことは、伝えようとすることが大切でした。コミュニケーションは言葉だけでなく、表情や行動にも大きく関わっているのでした。むしろそちらの方が大きいと感じるときもありました。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。
リンデンウッド大学ベルビル校奨学金留学体験談1

リスニングやスピーキングはIELTSのテストを受ける予定でしたので、その教材を利用しました。ですが教材などよりも、大切なのはどれだけ早くから勉強を始めるかではないかと思います。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

経済系の勉強をする予定でしたので、その復習を少ししました。

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

田舎の方で、比較的に日本人が少なそうだったからです。また小規模というのにも惹かれました。小規模だと友達も作りやすいと感じたためです。

【5】留学生活で苦労したこと

普段の会話でふとした時に会話のネタがなくなった時です。特に食堂では常に友達といたためにそのような状況は多々あり、常に次のネタに気を配らなければなりませんでした。

【6】成長したと思えることは?

アメリカでは食事が脂っこかったり、塩気が多すぎたりと不健康なものが多く、少し気を許すとすぐに太ってしまうために、今までは自分の体の健康には気を使わなかったですが、これを機に健康面で意識するようになりました。

【7】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。
リンデンウッド大学ベルビル校奨学金留学体験談2

こぢんまりとしていて、とても友達が作りやすいです。また皆何かしらのスポーツを学内でしているため、スポーツに入るとなお友達ができやすいような環境です。逆を返せば、スポーツをしている人たちは、同じようなスポーツをしている人たちと一緒にいる傾向があるために、何もしていないと最初は苦労をするかもしれないです。

【8】今までの授業で一番大変だった内容・科目は何ですか?

Businessの授業で、ディスカッションで授業を進めていく形式のものは、苦労しました。アメリカ人ももちろん一緒のため、内容はどんどん進んでいくのですが、自分だけは取り残されるという状況は多々ありました。これにはもう慣れでしか解決できないと思うので、ひたすら我慢しながら、後れを取らないように予習、復習をしっかりしていました。

【9】一日どのくらいの勉強時間をとっていますか?主にどこで勉強していますか?

課題の量や内容にもよりますが、主に4時間ぐらいでした。図書館でやったり、自分の部屋でやったりです。

【10】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

月水金は午前に2時間、火木は午後までに4時間ありました。授業後は、サッカーをしていたので、練習に参加したり、練習がない日はジムに行ったりしていました。週末は、先に課題を終わらしてから、Netflixを観たりして、ゆっくりしていました。長期休みには、フロリダのオーランドとカリフォルニアのロスに行ってきました。

【11】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

ご飯は大概学食で食べていたために、ほとんどかかりませんでした。たまに食べに行くお金と服や生活品を買うお金に50ドルぐらいでした。

【12】どのような滞在先に住んでいますか?また滞在で違いを痛感したことがあれば教えて下さい。
リンデンウッド大学ベルビル校奨学金留学体験談3

4人部屋の寮に入っていました。トイレなどのバスルームは各部屋にひとつずつあるために、自分の部屋では4人でシェアする形でした。違いではありませんが、驚いたことがあります。留学に来る前はアメリカ人の男子はあまり片付けなどせず、バスルームも汚れてもほったらかしにする人たちだと思っていました。ですが実際は、ルームメートの一人は、正直自分よりもきれい好きでバスルームもいつも掃除してくれていました。いい意味で固定観念が裏切られてよかったです。

【13】学校周辺の環境

学校周辺は残念ながらにぎわっているとは必ずしも言えないかもしれません。ですがバーやレストランは歩ける距離にはあります。また映画館も小さいですがあるので、不便はないです。ダウンタウンにはバスと電車を使わなければいけないので、出ていくには時間がかかりました。

説明ページへ戻る

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP