留学体験談(ギャノン大学)。アメリカ留学。

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学・アメリカ留学の海外留学推進協会 > アメリカ留学 > アメリカ留学先一覧 > ペンシルベニア州 > ギャノン大学(Gannon University)> アメリカ留学体験談

オンラインZoom説明会 「語学留学へ行こう!」

オーストラリア クイーンズランド留学

ギャノン大学 Gannon University

アメリカペンシルベニア州にあるギャノン大学(Gannon University / school---name2)の公式入学窓口です。一般財団法人海外留学推進協会は入学手続きを無料でサポートしています。

T.K.さん 留学体験談

アメリカ留学体験談ギャノン大学T.K.さん
  • 19歳、男性
  • 学校名:Gannon University
  • プログラム:Cyber engineering major (Bachelor degree)
  • 留学期間:1年経過(4年の予定)
  • 留学の目標:アメリカの文化を知り、英語力の上達、またアメリカの学習法を通してより幅広い視野を身につける。
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学前は自分の英語が通じるのかだとか、違う文化の中で暮らしていけるのか不安だったが、今は自分の語学力にもある程度自信を持て、アメリカの文化にもある程度慣れ逆にアメリカでの生活の方が楽だと日本に帰国してきて感じている。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。

自分は高校三年の夏休みからDMM英会話を始めて7月まで毎日25分のフリートークレッスンをしました。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

なるべく向こうの文化を知ろうと思い、アメリカの文化について調べたり、また日本の文化についても最低限の知識を付けました。

【4】学校を選んだ理由は?

自分が大都市だとか、人が多いところが好きではないためなるべく生徒の数が少なく、なおかつ先生と生徒の距離が近いというところが第一の理由でした。他には学費や場所なども理由の一つです。

【5】留学生活で苦労したこと

一番苦労したのは人間関係です。大学にはアメリカ人だけでなく、様々な国の生徒がおり、そして文化も異なるため人間関係は今でも苦労しています。特に日本はかなり特殊な文化であることも相まって、特に苦労すると思います。自分は特に南米人とは今でも苦労が絶えません。

【6】成長したと思えることは?

自主・自立という観点ですごく成長できたのではないかと思います。アメリカに行ってからは親はいなく自分のことは自分で管理しないといけなかったですが、その結果成長につながりました。友達に助けてもらえますが限度もあるため、最終的には自分でやらないといけないので。

【7】学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいた特徴を教えてください。

学校は生徒数も4000人程度と程よい人数でクラスも平均で20人ほどのクラスでとても勉強に適した環境です。キャンパスもそこまで広くなく、移動も楽に行え、寮もある程度きれいで、過ごしやすいです。学校スタッフも親切な人がとても多く、何か質問をすれば丁寧に答えてくれます。たまに丁寧すぎるくらいの人もいます。

【8】今までの授業で一番大変だった内容は何ですか?
ギャノン大学T.K.さん 1

一番大変だった授業はプログラミングの授業でした。自分でテキストを読みまた教授が一からすべて説明してくれるわけではなく、exampleのcodeを渡されそれを参考にしながら自分でコードを書かないといけないため、どこがわからないのかを分かってないといけなく、またそのわからないところを正確に英語でツ会えなくてはいけなく、大変でした。

【9】一日どのくらいの勉強時間をとっていましたか?主にどこで勉強していますか?

一日平均して2~3時間を勉強時間をとっていました。主に部屋の共有スペースのような場所で勉強をしていて、とても集中しないといけない場合や素早く終わらせたいときには図書館に行って勉強しました。

【10】 1週間の時間割

今学期は

- 月、水、金 火、木
8:00 ~ プログラミング -
9:00 ~ first year seminer -
10:00 ~ 回路 -
13:00 ~ 数学 -
16:30~ ネットワーク -
18:00~ - Theology
【11】授業はどんな感じでしたか?1クラス何名くらいでどのような国籍の人が来ていましたか?また授業終了後や週末の過ごし方を教えて下さい。旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

授業はかなりラフな感じで教授が永遠と話してる感じではなく、生徒と教授で授業を作っている感じでした。授業中に発言がないクラスはなく、かなり生徒が積極的なかんじです。生徒の数も多くても20人ほどで、専攻のクラスとなると10人ほどのクラスもあります。

週末は部屋でゆっくりすることが多いです。アメリカでは車がないとどこかに出かけるといったことが難しくなかなか思い通りに動けないのでキャンパス付近で楽しんだり、部屋で楽しんだりします。

二月ごろに友達に誘われて週末にナイアガラの滝を見に行きました。

また友達の家がジョージアのアトランタ近くにあり、thanksgiving day やクリスマスに遊びに行かせてもらいアトランタ観光ができました。

【12】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

平均して3万ほどです。

【13】滞在先はどこに住んでいましたか?どんな感じのところでしたか?

滞在先は寮で、大学で一番きれいといわれているところに住めました。fresh man が住める寮が二つしかなく今の場所に住めました。中には別名ホテルと呼んでる人もいるくらいきれいな場所です。

【14】友達作りでうまくいったこと

うまい具合に距離をとることです。自分と異なる価値観の人たちといきなり近づきすぎると後々後悔するかもしれないので焦らずに時間をかけて仲良くなっていきました。

【15】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

うれしかったのはネイティブの友達やたくさんの友達にお前の英語はかなり上手だと褒められたことです。特にネイティブの友達に日本人の先輩より全然上手だし、成長を感じると褒められたときは素直にうれしかったですし、行く前に努力をしてよかったと感じました。

【16】学校周辺で気に入った場所・よく行ったお店などを具体的に説明してください。

数か月前に学校の隣に野菜や肉を扱っている店ができ、そこのものはオーガニックで値段は少し高いですが、味はとてもおいしくとても気に入ってます。

【17】卒業後の進路(1年留学の場合は帰国後の就職活動で希望している職種)

まだこれといってなりたいものが決まってはいないですが、できればアメリカで就職したいなと思っています。

【18】授業についていけるか・環境に慣れることができるかどうか心配される日本の学生は多いのですが、これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします
ギャノン大学T.K.さん 2

個人的に切り替えを上手にできるようにしておくといいと思います。アメリカの大学では楽しいことが多く勉強がおろそかになってしまうこともあり、その結果成績が大変なことになってしまった人がいるので、勉強するときと、楽しむときの切り替えは大事だと思います。自分は毎週週末の夜は静かな場所で一人で好きな映画を見てリラックスしたりと時間を作っています。

説明ページへ戻る

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP