留学体験談(グリーンリバーカレッジ)。海外留学のことなら海外留学推進協会。

国名などの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学推進協会 > アメリカ留学 > アメリカ留学先一覧 > ワシントン州> ワシントン州への留学(大学&コミュニティカレッジ)>グリーンリバーカレッジ > 体験談

一般財団法人海外留学推進協会は、グリーンリバーカレッジ(Green River College)の公式入学窓口です。グリーンリバーカレッジへの入学手続きを無料でサポートしています。

ワシントン大学、ワシントン州立大学、コミュニティカレッジに関する総合情報や、当協会が提携する
各大学・カレッジの一覧情報については、「ワシントン州への留学」ページをご覧ください。

Green River College 体験談

K.I.さん 留学体験談

アメリカ留学体験談
  • 女性、19歳
  • 学校名: Green River College
  • プログラム:International program、今はIESL program
  • 留学期間: 約3年。トランスファーした後も入れると5年。
  • 留学目標:4年制大学へのトランスファー
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学前はすごく楽しみで毎日ワクワクしていて、きっと3年間長いなと思っていました(笑) 今は1日1日過ぎるのが早くて、1年、2年、あっという間に過ぎてしまうのだろうな、もしかしたら3年後も今と英語のスキルが変わらないのではと焦り、不安な気持ちになります。なので、今は以前よりもっと積極的に頑張ろうと思うようになりました。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。

インターナショナルスクールの幼稚園にボランティアに毎日行っていました。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

ビザを取るなどは自分で大使館に行き準備をしました。

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

寮があったのとチアリーディング部に入りたっかたのでチアリーディング部があるこの学校を選びました。

【5】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

キャンパス内はとても綺麗で、先生もとても優しく親切です。インターナショナルの生徒が多いです。

【6】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

今はIESLなので月曜から金曜まで1時からグラマーの授業があり2時からリーディング、ライティング、3時半から4時45分までリスニング、スピーキングのクラスがありました。 授業終了後はそのまま部活に行き、帰って来てから宿題をやっていました。週末は食料の買い出しに行ったり、寮で宿題をやっています。シアトルにあるGlass Blowing Studioに行きガラスでコップなどを作ったりしました。

【7】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

1カ月、約300ドル程度です。お友達と遊びに行ったり、ショッピングに行ったり、外食をしないと約250ドル程です。

【8】友達の作りかたでうまくいったこと

部活に入るのが友達を作りやすいと思います。自分から積極的に話しかける事。

【9】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

クラスに日本人がいたり日本語の話せる外国人がいたりとなかなか日本語から離れる機会があまりないのですが、部活の時だけは日本人は私1人で常に英語を話す環境にいれたのでそれが一番嬉しかったです。IESLではネイティブの人は先生しかいないので部活でネイティブのお友達ができたことも嬉しかったです。

【10】今の学校で気に入っていることまたは気に入った場所は?お店なども・・・。

この学校のアットホームな雰囲気が大好きです!! 学校で連れて行ってくれる、インターナショナル生向けのトリップがたくさんあったり、セーフティーライドと言って学校の指定した範囲内だったら無料で午後5時以降送迎してくれるバスがあるので安全面もしっかりしている所も気に入っています。

【11】これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

日本にいる時から英語を話す機会を作る、留学に行く前に英語の本を一冊でも読むといいと思います。

学校ページへ戻る


N.S.さん 留学体験談

アメリカ留学体験談
  • 男性、30歳代
  • 学校名: Green River College
  • プログラム: Academic (Computer Science)
  • 留学期間: 4年(四年制大学に編入予定)
  • 留学目標: 学位取得、英語力向上
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学前は、英語での授業、生活環境の変化についていけるか不安がありましたが、現在は環境に慣れ、編入に必要な成績も維持しています。異文化に触れることで視野も広がり、留学してよかったと考えています。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。

リーディング、ライティングは高校の教科書を中心に、リスニング、スピーキングはTOEFL参考書の例題をディクテーション、リピーティングすることで基礎力を磨きました。英語圏で生活するには、瞬時にアウトプットできる構文、単語の数を増やすことが重要です。浅く広く覚えるよりも、決まった例文、単語を頭に刷り込むように、繰り返し勉強するのが効果的と思います。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

30歳後半からの留学ということで、高校の教科書(数学、物理)を購入して復習しました。

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

四年制大学への編入実績が優れていること、留学生の受け入れ態勢が整っていることが主な理由です。

【5】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

二月に新しいビルがオープンするなど、他の二年制大学と比較して設備は充実していると思います。留学生向けの支援も充実しており、日本人留学生にとってフレンドリーなカレッジです。他国の留学生も多数受け入れており、多様な文化に触れることができます。

【6】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

今学期はサマークォーターということもあり、バケーションクォーターを申請したうえで、数学と物理の2科目(10クレジット)だけを履修しました。通常のクォーターでは、3ないし4科目(15〜20クレジット)履修しています。高いGPAをキープするため、基本的に週末の時間は、アサインメントと予習に充てていますが、クォーターに2,3度は、学校主催のオフキャンパス アクティビティにも参加し、現地の自然/文化に触れたり他の生徒との交流を図っています。

【7】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

平均で約600ドルを生活費として使っています。

【8】友達の作りかたでうまくいったこと

共通の趣味、関心事を持つ生徒のほうが友達になりやすいため、クラブ活動を中心に交友を広げています。また、学校主催のイベント、交流プログラムも活用しています。

【9】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

つたない英語力ながらも授業で積極的に自分の意見をアピールし、インストラクターや他の生徒が認めてくれた時が一番嬉しかったです。辛いという訳ではありませんが、英語力を必要とする教科で高いGPAが取れないことが悩みです。

【10】今の学校で気に入っていることまたは気に入った場所は?お店なども・・・。

充実したオフキャンパス アクティビティを気に入っています。これまでにハイキング、サッカー/ベースボール観戦などに参加しました。参加費用も安く、どのアクティビティもすぐ満員になるほど人気です。

【11】これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

留学する前はいろいろと不安があると思いますが、チャレンジすれば大抵のことは何とかなるものです。留学から得られるものは大きいので、是非トライしてください。

学校ページへ戻る

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP