留学体験談(ルイスクラーク州立大学)。海外留学推進協会。

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学推進協会 > アメリカ留学 > アメリカ留学先一覧 > アイダホ州 > ルイスクラーク州立大学(Lewis-Clark State College) > アメリカ留学体験談

ルイスクラーク州立大学 Lewis-Clark State College

アメリカアイダホ州にあるルイスクラーク州立大学(Lewis-Clark State College)の公式入学窓口です。一般財団法人海外留学推進協会は入学手続きを無料でサポートしています。

K.O.さん 留学体験談

アメリカ留学体験談 K.O.さん
  • 20歳代、女性
  • 学校名:Lewis-Clark State College
  • プログラム・専攻:1年留学のため専攻は特になし(リベラルアーツ)
  • 留学期間:10ヶ月(1年留学)
  • 留学目標:英語力の向上とネイティブの学生と一緒に授業を受けること(英語をツールとして)
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学する前は、楽しみな気持ちが多かったですが、アメリカに来てすぐ授業についていけず、ホームシックになりました。アメリカに来て2学期目の今は、大変ですが授業にも慣れて、現地の人と一緒に勉強するのが楽しいです。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。
ルイスクラーク州立大学

TOEFL ibt. 私は語学留学ではなく、学部留学がしたかったので、TOEFLの勉強をしていました。学部授業は、TOEFL ibt のテストそのままなので、役に立つと思います。 (Lewis-Clark State College はTOEFL ibt 72以上で学部留学が可能です。)

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

留学する荷物の準備と英語の勉強以外はしていないと思います。

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

田舎、費用、治安、学校の小ささ、一年留学のプログラムがあること、学部留学の基準になるTOEFL ibtのスコアで選びました。

【5】留学生活で苦労したこと
友人

私は、学部留学からスタートしたかったのですが、TOEFL ibt が少しだけ足りずに、語学学校の一番上のブリッジクラス(語学学校に通いながら1つだけカレッジの授業をとれるクラス)から始める予定でした。オリエンテーションの1日目に受けるテストで、私は学部授業からスタートする選択肢をInternational programから与えられ、学部留学から始めました。念願の学部授業でしたが、課題が多く、先生の話していることを聞いて理解するので精一杯でした。

【6】成長したと思えることは?

英語力向上だけではなく、現地の学生たちと授業を受けることで、他国の人の授業の受け方、考え方を学んだことです。個人個人の個性を大切にしていて、自分をきちんと皆持っていることに感心しました。

【7】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

どの授業をとっても、先生がとても優しく、気にかけてくれます。一クラスが少ないので、先生に必ず名前を覚えてもらえます。

【8】今までの授業で一番大変だった内容・科目は何ですか?

2学期目にとっているDiversity/Organization と言うクラスです。中間、期末のテストだけではなく、問題の解決策を考えるSolution paper ×、クイズなど課題が多いです。授業の内容も、日本人にとっては馴染みのない授業なので、難しいと思います。アメリカの授業では、1つのクラスで4回以上テストがあるクラスも普通にあります。

【9】一日どのくらいの勉強時間をとっていますか?主にどこで勉強していますか?

平日は、空きコマの3時間学校でと授業が終わって家に帰ってからの4時間、合計7時間は勉強しています。学校のない土日のどちらかは課題に一日時間を費やします。

【10】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。
冬のキャンパス

私は、月曜日から木曜日まで授業があり、金・土・日はお休みです。月曜日・水曜日は、朝9時から10時までヨガ、その後Diversity/Organization class、午後3時からENGL102 Reaserch Writing、その後にPUBLIC Speakingをとっています。火曜日・木曜日は、朝10時から10時30分までHospitality、午後3時からSocial Problemの授業をとっています。金曜日は基本的に図書館で勉強、土日のどちらかは友達と遊んで、どちらかは課題をしています。 旅行は今までに、カリフォルニア・ロサンゼルス、フロリダ・オーランド、ワシントン・シアトル、イリノイ・シカゴ、ハワイに行きました。

【11】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

$0~70以下(旅行なしの時)。 買い物・旅行するかしないかによります。食費は、ホームステイのお金に含まれているので、あまりかかりません。

【12】どのような滞在先に住んでいますか?また滞在で違いを痛感したことがあれば教えて下さい。

ホストファミリーと一緒に住んでいます。アメリカの文化を体験したければ、オススメです。寮のが現地の友達を作りやすいのかな、とも思いますが、学部の授業をとっていれば、現地の友達はできます。少しだけ、ホームステイのが寮よりも安いので、値段を抑えたい人はオススメです。

【13】友達の作りかたでうまくいったこと

私は、ENGL101 College Writing の授業でペアワークの時に一緒になった子が日本に少し興味を持っていて、とても仲良くなりました。授業で他の学生と関わることが多いので、そこで友達はできると思います。

【14】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

留学して、最初の1?2ヶ月は、学部授業からスタートしたものの、あまり聞き取れず、課題でもかなり苦戦しました。いろんな国から来た人たちと仲良くなれたこと、現地の子でとても仲良くなれた友達ができたことが嬉しいです。

【15】今の学校で気に入っていることまたは気に入った場所は?お店なども・・・。
学生

小さい学校なので、同じクラスの人、とっている授業の先生に顔を覚えてもらえるのがとても嬉しいのとLCSCの良さだと思います。田舎なので、あまり買い物には向いていませんが、International Program Officeが週末にActivity を開催してくれて、近くの街に買い物に行ったり、様々なところへ連れて行ってくれます。学校の目の前にあるCafe Ruban と言うカフェが学校の近くで、美味しいです。

【16】授業についていけるかどうか心配される日本の学生は多いのですが、これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

私も学部授業からスタートして、最初はとてもついて行くのに必死でしたが、きちんと授業に出席して、わからなかったら先生に聞いて、必死に勉強すれば、授業についていけるしいい成績も取れます。

【17】学校周辺の環境

田舎です。坂道が多く、お店はあまりないですが、学校から30分ほどあるけばスタバなどにもいけます。あまりバスなどはありません。

説明ページへ戻る

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP