留学体験談(ビジネスホテルマネジメントスクール)。海外留学推進協会。

スイスなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学推進協会 > スイス留学 > ビジネスホテルマネジメントスクール(Business Hotel Management School / BHMS) > スイス留学体験談

ビジネスホテルマネジメントスクール Business Hotel Management School

スイスルツェルンにあるビジネスホテルマネジメントスクール(Business Hotel Management School / BHMS)の公式入学窓口です。一般財団法人海外留学推進協会は入学手続きを無料でサポートしています。

K.N.さん 留学体験談

スイス留学体験談2
  • 20歳代女性
  • 学校名:BHMS
  • プログラム・専攻:hotel management and hospitality
  • 留学期間:3年間 (学士号取得)
  • 留学目標:ドイツ語の上達のため、ホテル経営を学ぶため
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学前よりドイツ語が上達し、インターンシップを通してサービス精神を身に付けることが出来ました。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった
スイス

方法があれば教えて下さい。
高校がアメリカだったので、英語力に特に困る事はなかったです。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

ドイツ語の簡単なニュアンスを話せるように勉強しました。

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

半年勉強して半年インターンシップで経験を積めるというところに惹かれました。

【5】留学生活で苦労したこと
インターンシップ

インターンシップ中に働くという大変さに気付かされました。

【6】成長したと思えることは?

留学前より意思がはっきりし、周りの状況を把握しながら物事を的確に判断できるようになった事です。

【7】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

現在通ってる学校は学校スタッフみんなフレンドリーでとても心強いです。

スイス2
【8】今までの授業で一番大変だった内容・科目は何ですか?

一番大変だった科目はaccountingです。数学が苦手なので私にとっては苦痛でした。

【9】一日どのくらいの勉強時間をとっていますか?主にどこで勉強していますか?

1日一時間で、課題、プレゼン準備、予習をしています。自分の部屋で勉強しています。

【10】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。
旅行

月曜日はワインのクラス、火曜日は中国語のクラス、水曜日はドイツ語のクラス、木曜日はビジネス経営のクラス、金曜日はクラスはないです。1日クラスは五時間になってますよ。週末はイタリアやドイツに旅行に行ったりします。

【11】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

一ヶ月の生活費は五万円です。

【12】どのような滞在先に住んでいますか?また滞在で違いを痛感したことがあれば教えて下さい。

寮に住んでいます。バルコニーが部屋ごとについているのでとても気に入ってます。

【8】友達の作りかたでうまくいったこと
スイス3

友達の作り方でうまくいくのはとにかく笑顔に明るく振舞う事です。

【9】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

嬉しかったことは友達が沢山出来た事です。辛かった事はインターンシップで学校の友達と離れ離れになって疲労感と孤独感に押しつぶされそうになった時です。

【10】今の学校で気に入っていることまたは気に入った場所は?お店なども・・・。

今の学校で気に入ってる事は中国語のクラスです。中国人の先生が中国語を教えてくれるのでとても役に立っています、お店は学校の寮の向かいにあるバーがとても良くて学校帰りにみんなで良く行きます。

スイス4
【11】授業についていけるかどうか心配される日本の学生は多いのですが、これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

正直、行けばなんとかなります。行く勇気さえあれば周りのサポートと自分を信じ
てやれば辛くても留学して良かったと思うと思います。

説明ページへ戻る

【1】留学前と到着してからの気持ちの変化について

スイス留学体験談1
  • 留学前は、英語での授業についていけるのか、生活圏がドイツ語だけれど喋れない・・・など些細なことも不安だったが実際はきてみると"なんとかなる!精神"が身についた(笑  行動あるのみ!言語も伝えようという気持ちがコミュニケーションにおいて大きく影響するのだと感じた
  • ホームシックの心配も少しはあったが、ここでの生活は常に友達に囲まれて一緒に生活しているのであまり寂しさを感じることもない
  • 全く異なる文化、考え方の友達と過ごすことで、留学前にくらべて"自分"を客観視でき自分に対する理解が深まった

【2】 出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。

  • TOEICの勉強を兼ねて座学での学習
  • サークルや大学での授業を通した留学生との交流活動
  • アルバイト先がエアポートホテルで半数以上のお客様が外国籍だったので実際の英語での接客を通して
  • ホスピタリティ産業に関連した英語学習の本を活用
  • 字幕なし英語字幕で映画を見る
    (効果的だったと思う方法はよくわからないが、インプットとアウトプットのバランスをとりながら、
    楽しんで続けられる自分に一番合った方法を見つけるよう意識していた)

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

  • アカデミックライティングに自信がなかったので少し本を買って勉強
  • ウェブ上の英語教材の活用(リスニング、リーディング)

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

  • 日本の大学に籍を残しておきながら、1年という短期間でアカデミックな学びとインターンでの実務体験の両方を経験できる点に魅力を感じたため

【5】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校ス
タッフのことなど気づいたことなんでも。

  • 年に8回の新学期のタイミングにあわせて新しい生徒が来て、同時にインターンで去っていくので常に新鮮
  • 基本的に5週間にわたる学期+1週間の休暇=1termのサイクルを4回経たのちにインターンシップ6か月という構成
  • 4つの異なるキャンパスとその周辺には多数のレジデンスがある
  • 部屋は基本的に2〜4人でのルームシェアで、空き情報や希望によっては移動も可能
  • メインビルディング内には、ラウンジや卓球台などのリラクゼーション施設の他、図書館やコンピュータルームもある
  • インターンに関しては学校がホテルにCVを送ってくれ、各手続きにおいてサポートをしてくれる
  • 徒歩数十分でまちの中心部(駅)に行ける(スーパー、ショッピング街、ジム、映画館などがある)

【6】1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。

  • 1コマ5時間授業〈午前か午後〉
  • 基本的に週4コマ
  • 授業終了後は友達とのんびりおしゃべりをしたり、宿題を したり、出かけたり・・・
  • 週末も学校が様々なイベントを企画してくれるので(無料あるいは低価格)参加したり、スポーツしたり、テスト前は勉強したり・・・

【7】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

  • 学期中→数千円
  • 休暇中→3万円くらい
    (かなり人による。学期中は学校から食事も提供されるので、節約しようと思えばほとんどお金はかからない。休暇中は過ごし方次第だが、1週間周辺のヨーロッパに旅行すると数万円。週末にも少し遠出したり、普段自炊するともう少し費用がかさむ。私は友人と比べると出費の少ない方かと思う。)

【8】友達の作りかたでうまくいったこと。またどんな国籍の人と友達になりましたか?

  • 常に笑顔。
  • だまっているより何かしゃべること(笑
  • 国籍はアジアが多め(中国、韓国、ベトナム、タイ、マレーシア)、ロシア、ウクライナも多数
    一番の友達の国籍はベネズエラ、台湾

【9】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

  • 嬉しかったこと・・・一番初めのtermで英語力に自信がなかった時に、とても準備の大変だったプロジェクトのプレゼンテーションでクラス中から拍手をもらえたこと。
  • 辛かったこと・・・グループワークで意思の疎通がうまくいかなかったこと。(それぞれの性格・文化の違いが点でバラバラだったので)

【10】今の学校で気に入っていることまたは気に入ったところは?

  • 平日のディナーはほぼ毎日本格的なフルコースが堪能できる
  • 多国籍の生徒
  • 先生方、スタッフの方がみなさん親切
  • 努力した分成績にも反映される点

【11】インターンシップの経験をされた場合は感想をお聞かせ下さい。

  • 未経験

【12】これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

  • 不安な気持ちも多いかと思いますが、自分が勇気を出して、一生懸命ならば、ここには助けてくれる人がたくさんいます。
    学べることは数知れず(笑)
    あとは全て心もち次第だと思います。

説明ページへ戻る

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP