ウィーバー州立大学体験談。海外留学のことなら海外留学推進協会。

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学・アメリカ留学の海外留学推進協会 > アメリカ留学 > アメリカ留学先一覧 > ユタ州 > ウィーバー州立大学(Weber State University / WSU) > 体験談

東京新宿開催!「アメリカ留学フェア」2019年春

ウィーバー州立大学 Weber State University 体験談

K.S.さん

ウィーバー州立大学 体験談2
  • 年齢:20歳代(男性)
  • 学校名:Weber State University
  • プログラム:認定留学
  • 留学期間:約10ヶ月
  • 留学目標:英語を話せるようになること

【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学前は自分の英語力に自信がなくとにかく緊張と不安しかありませんでしたが、 友達と英語を毎日喋ることで日々自信がつきました。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。

トフルの公式問題集はトフルで点を取った後も続けました。そしてHuluで毎日英語のドラマを見ていました。ドラマが一番役にたったと思います。僕はModern Familyを見ていて、内容も面白くスラングも出てくるので教科書で学べないものもたくさん学べました。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

私はユタ州について何があるのかいろいろ調べました。あとアメリカはバスケが人気なのでバスケの練習もしました。

【4】学校を選んだ理由は?

治安のいいユタ州にあるのと安かったからです。

【5】留学生活で苦労したこと

アメリカに来たばかりの授業です。アメリカ人と同じ授業なので最初は本当に大変でした。

【6】成長したと思えることは?

英語力は勿論、家事や行動力もついたと思います。

【7】学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

友人2

建物は近代的でガラス張りの建物が多いです。ISSCという部署がありそこに行けばなんでも相談は聞いてくれました。語学学校のオフィスには日本人の方が担当でした。キャンパス内では色々な催しがあり、学期初めには色々な商店街が開かれたりもしました。free food も貰えたりしたのも助かりました。学校のジムはとても大きくバスケコートが3面もありよく友達と遊びました。学校の先生方も質問には丁寧に答えてくださり円滑に授業を受けることができました。

【8】今までの授業で一番大変だった内容は何ですか?

Public Speakingというアメリカ人用のプレゼンの授業がとても難しかったです。毎回必ず何かについて生徒同士でスピーキングの練習をします。授業終わりに先生がランダムで生徒を指名し、ある日私が指名され、アメリカの子供の問題について10分間喋ったのはいい思い出です。一番難しかったですが、一番役にたちました。

【9】一日どのくらいの勉強時間をとっていましたか?主にどこで勉強していますか?

授業を除いた勉強時間は普通の日は5?6時間で、テストが近い日は8時間くらい勉強していました。場所は主に図書館です。夜の8時でシャトルバスがなくなるので8時まで図書館でそのあとは部屋に戻って勉強しました。

【10】 1週間の時間割

- Mon. Tue. Wed. Thu. Fri.
8:00 ~ 9:00 起床 Publick Speaking 起床 Publick Speaking 起床
9:00 ~ 11:00 Nutrition PS and Japanese
(tutor)
Nutrition PS and Japanese
(tutor)
Nutrition
11:00 ~ 12:00 English 1010
(writing)
Japanese
(tutor)
English 1010 Japanese
(tutor)
English 1010
12:00 ~ 13:00 Pool (授業)
and 昼食
昼食 Pool
and 昼食
昼食 昼食
13:00 ~ 14:00 友達と会話
14:00 ~ 15:00 友達と会話
15:00 ~ 16:00 友達と会話
16:00 ~ 17:00 ジム
17:00 ~ 18:00 ジム

語学学校の後、私は5つのアカデミッククラスと2つの娯楽クラスを取っていました。基本的にクラスは月水金と火木に別れていて、月水金は50分、火水は75分授業でした。栄養学、ライティング、スピーキング、日本語、ウェブデザインの5つのアカデミックです。ウェブのクラスは時間割の関係上オンラインクラスで土曜日に受けていました。ウェブは今まで受けたことがなかったのとパソコンについて興味があったので受けてみましたがとても面白く実際にWebページを作るので楽しかったです。実用的なクラスでした。ただオンラインだったので質問が難しく、時間に余裕があるなら教室でのクラスの方がいいと思います。私の場合10ヶ月の留学で卒業するわけではなかったので専攻に関係なく好きな授業を取っていました。English1010はアメリカ人用の基礎のライティングの授業でとても宿題の多いクラスです。Citationに関する知識もとても多かったです。日本のレポートの書き方と違ってルールが多いので大変ですがとても役立つのでオススメです。また2つ娯楽クラスも取っていて、ビリヤードとスノボのクラスを取っていました。ビリヤードは友達に誘われて受けました。月と水だけで気軽に受けられました。また日曜日にスノボの授業を受けました。3時間インストラクターに指導してもらって人生で初めてでしたがそれなりに滑れるようになりました。道具は借りられるので持ってなくても大丈夫です。僕のオススメの授業はEnglish1010とPunlic Speakingです。英語を勉強したい人にとってとても有効で為になる授業です。

また、ジムの後は最終シャトルが8時なのでそれまで毎日図書館で勉強しました。家に帰ってからも12時ごろまで勉強しました。

【11】授業はどんな感じでしたか?1クラス何名くらいでどのような国籍の人が来ていましたか?また授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

友人と旅行

授業にもよりますが、だいたい15人くらいの授業でした。語学学校の時はアラビックやヒスパニック系の人が多かったです。普通の授業は全員アメリカ人でリアルなアメリカの学校生活を体験できました。語学学校でも普通の授業でも毎回みんな質問をしていました。そして一番いいなと思ったのが、全員本気で授業を受けることです。スピーキングの授業でアメフト部の生徒でもバスケ部の生徒でも、みんな必ずスピーチを準備し本気で取り組んでいました。そこは日本とは違うなと思いました。授業のあとはみんなでご飯を食べてずっとたわいもない話をしていました。僕に取ってはこの友達との会話も大事な勉強の一つでした。どんなにテストが近くても僕は会話の時間は減らしませんでした。友達との会話のおかげで話せるようになったと思います。午前には授業が終わり、4時ごろまでずっと喋ります。 そのあとジムに行ってトレーニングをし、それが終わったら図書館へいって勉強をします。8時の最終のシャトルバスで帰り家に帰ってシャワーを浴びて、12時くらいまでまた勉強します。

土曜は朝は友達とジムで筋トレでした。日曜は昼間まで寝て13時にジムに行き15時から18時まで図書館で勉強しました。ユタに行く前にシアトルで1日観光しました。シアトルであのイチローがいたセーフコ・フィールドで念願の野球観戦をしました。冬休みは友達とオレゴン州のポートランドに一週間遊びに行きました。車で片道10時間かけて運転して行きました。あとはユタは国立公園がたくさんあるのでそこにもみんなでハイキングしに行きました。ユタはNBAがあったのでよく友達とも観戦しに行きました。僕はそこまでお金がなかったのであまり遠くに遊びに行くことはできませんでしたが、とても楽しかったです。

【12】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

食費が1万2千円で3万円がお小遣いでした。留学の最後の方はみんなともっと遊びたかったのでお小遣いは4万円もらっていました。大学の授業が大変なので、3万あればユタでは1ヶ月十分遊べます。

【13】滞在先はどこに住んでいましたか?どんな感じのところでしたか?

学校の寮に住んでいました。四人1部屋でキッチン付きでした。外食はチップの関係で高いので自炊を心がけました。部屋は狭くもなく広くもなくという感じでした。

【14】友達の作りかたでうまくいったこと

日本が好きなアメリカ人と友達になりました。なので学校にあったジャパンクラブに参加したおかげでたくさん友達ができました。またほぼ毎日ジムに行ったのでそこでも友達ができました。自分から積極的に話しかければアメリカでは基本友達はできると思います。

【15】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

嬉しかったことは友達ができたこととその友達とたくさん遊んだことです。あとは友達に「英語が上手くなったね」と言われたことです。辛かったことは来たばかりの最初の授業とルームメイトとの共同生活です。ルームメイトは優しかったですが、一緒に住むとなると大変でした。

【16】学校周辺で気に入っていたとこ、または気に入った場所は?お店なども・・・。

学校近くに「花丸」という日本料理があり、とても美味しかったです。またpowder mountain という場所でスノボをして楽しかったです。ソルトレイクも車で30分ほどでユタ唯一の都会でありとてもお気に入りです。

【17】卒業後の進路(1年留学の場合は帰国後の就職活動で希望している職種)

まずは日本の大学に復学し卒業すること。その後は大まかに言えばアメリカで生活することです。

【18】授業についていけるかどうか心配される日本の学生は多いのですが、これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

とにかく毎日英語の勉強をすることです。特にトフルのリスニングはとても有効だと思います。こんな僕でも授業になんとかついて行けたのでとにかくアメリカ人より勉強することです。また全ての授業の先生に自分が日本人であることを伝え、質問もたくさんするということを伝えました。先生を味方にすることも大切な方法です。

学校紹介に戻る

Y.K.さん

ウィーバー州立大学 体験談
  • 年齢:20歳代(女性)
  • 学校名:Weber State University
  • プログラム:ESL&Academic Courses
  • 留学期間:08/16-05/17
  • 留学目標:語学力の向上、コミュニケーション能力の向上、意見の発信をできるようにすること

【1】留学前と今の気持ちの変化について。

留学前は、黙っていても何も伝わらないのでとにかく何でもいいから喋ったほうがいい、表情で伝えようとしない、考えていることはしっかり伝えること、と周りから言われていたのでとにかくそこに注意しようと考えていました。特に私は話すのがあまり得意ではなく、表情で伝えようとする癖が日頃からあったので、それを克服することも今回の留学目標の一つでした。留学に来て、自分と関わるクラスメイトや先生だけでなく、全く面識のない人に話しかけられしばらく話をするという機会が非常に多かったことに驚きました。しかし必然的にしゃべらなくてはいけないそのような環境に身を置いて、自然と話をすることに抵抗がなくなりました。喋らなくてはいけない状況になるたびに、だんだん慣れてきて留学前に喋らなくては、と気を張っていた気持ちも今ではそのように気も張らずに緊張もせずに話すことができるようになりました。会話力、語学力ということももちろん関係ありますが、話をする上で気持ちが非常に重要だと気付きました。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。

IELTSの勉強のほかに、NHKのABCニュースというインターネットのサイトで勉強をしました。とても役に立つと思います。他には洋書を読んだり洋画を読んだり、自分の好きなことを活かしながら勉強をしました。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

政治学の授業をこちらでとる予定だったので日本語で少し勉強をしました

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

授業料が安い、都会ではないため勉強に集中できる、なるべく小規模の大学に行きたかった

【5】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

ウィーバー州立大学

キャンパスはアメリカの大学にしては小さい方です。建物は古い建物もありますが比較的新しいところも多く、きれいです。特に寮はとてもきれいで衛生面に関してはとても過ごしやすいです。学校のスタッフは、聞けば親切に接してくれます。留学生スタッフに関しても自分から関わろうと思わなければ特に関わりを持つことはありません。

【6】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

Mon, Wed, Fri 10:30-11:20 Reading 12:30-1:20 Writing
Tue, Thu 9:00-10:15 Political Science 10:30-11:45 Chinese

授業終了後は週2で日本語のチューターをボランティアでしていました。あとは、宿題をしたり、友達と遊んだり、自分の好きなことをしたりしていました。週末も同じような感じです。ユタ州内の旅行ではアーチーズ国立公園というところに2泊3日でキャンプをしに行きました。その他ユタ州に来る前に早めに入国をしてハワイ、サンディエゴ、長期休暇を利用してサンディエゴとシアトルに行きました。

【7】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

2、3万くらいだと思いますが確かではありません。食費は寮費と一緒に払ったので含んでいません。

【8】友達の作りかたでうまくいったこと

誘われたらなるべく断らずにどこへでも行きました。友達の友達が友達になることが多かったと思います。初対面の人と話すのは得意ではありませんでしたが、笑顔で多く話すようにしました。

【9】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

嬉しかったことは、ルームメイトと仲良くなれたことです。おかげでいろんな所に連れて行ってもらいました。その反面、行った先で話の輪に入れないことが度々あったので辛いと感じる時もありました。

【10】今の学校で気に入っていることまたは気に入った場所は?お店なども・・・。

今の学校で気に入ってることは散歩にとてもいい場所ということです。芝生が多いので天気がいい日はよく散歩に行って寝転がっています。車で10分ほど行くとダウンタウンがありそこのアイスクリームやタピオカのお店が好きです。また、車で20分ほどの所にあるbarns and nobel という本屋がとても好きです。バスだと1時間半くらいかかるので頻繁には行けませんが。。。

【11】これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

Weber State University

とりあえず自分の言語能力に自信がなくても、大きな声で喋れる風に喋れば相手はだいたい理解してくれます。逆に自信がないから小さい声でもごもご喋ると返ってまったく理解してもらえず、もっと自信がなくなってしまいます。あとは話が理解できない時、知らない単語が出てきたときは素直に聞き返してください。

学校紹介に戻る

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP