留学体験談 セントアンドリュー大学の奨学金 手数料無料の海外留学推進協会

セントアンドリュー大学の留学体験談。

アメリカなどの海外留学を無料でサポート・無償で支援。大学・高校・語学学校への留学情報や奨学金情報・各種説明会(セミナー)。

海外留学推進協会 > アメリカ留学 > アメリカ留学先一覧 > ノースカロライナ州 > アメリカ大学奨学金留学フェア > St. Andrews University(ノースカロライナ州) > 留学体験談

東京新宿開催!「アメリカ留学フェア2018」

「アメリカ大学奨学金&ニューヨーク州立大学(SUNY)留学説明会 」 in 東京新宿 / 大阪 / 名古屋

セントアンドリュー大学

H.S.さん 留学体験談

アメリカ留学体験談
  • 20歳代 女性
  • 学校名:St. Andrews University
  • 留学期間:Freshman_4年間の予定
  • 留学目標:海外に通用する人材となるために英語スキルをあげる
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

言語の壁を乗り越えながら何事にも責任をもって自分で前へと進んでいかないと行かないので、留学前と比べて自分に対して自信が少しづつついてきました。またそれに伴い、このように海外で勉強できるのも両親をはじめとする多くの方々の支えがあってのことだなとより感謝が深まりました。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。

繰り返しTOEFLの問題集を解きました。単語とリスニングは、移動時間などの細切れの時間を活かしCDを聞き続けるように心がけました。自信がなくてもあきらめずやり続けることを意識しました。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?
  • ビザ取得
  • 海外留学保険の手続き
  • 携帯電話(海外でも使用できるように)
  • クレジットカードの準備(学費の支払いなどで使用します)
【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

奨学金が支給され、かつ少人数制のリベラルアーツの4年制大学であるため。

【5】留学生活で苦労したこと
寮の部屋

寮生活なので、異文化を持つ様々な人たちと共同生活をしなければいけません。お互いをよく知るいい面ももちろんありますが、慣れるまでは少し大変です。

【6】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

自然豊かで景色が美しく、アットホームな環境なので、勉強するにはぴったりの場所です。

【7】今までの授業で一番大変だった内容・科目は何ですか?

Communication の授業は、アメリカの時事問題などをトピックとした話題を中心に発言を求められるので、毎回授業についていくのが大変でした。でも、先生は優しく指導して下さるし、クラスメイトも協力してくれるので大変ですがやりがいのあるクラスだと思います。また、アメリカの時事問題を理解する良い機会にもなりました。

【8】一日どのくらいの勉強時間をとっていますか?主にどこで勉強していますか?

一日3時間程度
図書館や自室で勉強しています。

【10】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

月・水
8:00~Taiji(太極拳)
11:00~Reading
18:00~Biology


9:00~Writing
11:00~Communication
12:30~Math
14:00~Biology


9:00~Writing
11:00~Communication
12:30~Math


8:00~Taiji(太極拳)
11:00~Reading

授業終了後は体育館にあるジムへ行ったり、図書館で勉強したり自室でゆっくりしたり様々です。
週末は課題のレポートやテスト勉強をしていました。たまに近くのショッピングセンターに出かけることもありました。映画館もあるので映画を見ることもできます。

【9】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

寮生活で食事もカフェテリアでできるため、生活費はほとんどかかりません。
日用品をたまに買う程度です。

【10】友達の作りかたでうまくいったこと

みなさんとても気さくな方で話しかけてくれるので、同じクラスのクラスメイトやルームメイトとはすぐに友達になれます。

【11】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?

Communication のクラスではレポートもあまりうまく書けず、発言もままならない…というつらい状況でしたが予習・復習を繰り返し、頑張ってついていこうとした結果、テストや発表で自分なり・ノ結果を出せたことが嬉しかったです。特に発表では先生やクラスメイトの方に「よかったよ!」と声をかけて頂けたのが達成感につながりました。

【12】授業についていけるかどうか心配される日本の学生は多いのですが、これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。
寮の部屋

海外で勉強することによって自分の将来やりたいことへの可能性はグッと広がると思います。私も最初は不安だらけでしたが、来てみると意外に自分の根性次第で何とか乗り越えられるものです。また、何かつらい時には支えてくれる先生や友人もいます。自分の志さえあれば大丈夫です。それ以上に楽しいこともうれしいこともたくさん待っていると思います。

説明ページへ戻る

M.F.さん 留学体験談

アメリカ留学体験談
  • 20歳代 女性
  • 学校名:St. Andrews University
  • 留学期間:4年間の予定
  • 留学目標:視野を広げる
【1】留学前と今の気持ちの変化について。

それなりの覚悟はしていたものの、やはり初めのうちはうまくいかないことが多かった。ただ、自分の頑張り次第でまわりが協力してくれ、思った以上に物事がうまく進むことも肌で感じている。

【2】出発までに入学に必要な英語力はどのようにつけましたか?また効果的だった方法があれば教えて下さい。
友人

Official Guide to the TOEFL Test の問題集を一通り解いていた。また、電車に乗っている時などは常にリスニングを聞いていた。

【3】英語の勉強の他に入学までに何か準備しましたか?

生活用品や学校用品の準備。

【4】現在通っている学校を選んだ理由は?

奨学金額、授業の種類、少人数の授業、など総合的に判断して。

【5】現在通っている学校について教えて下さい。キャンパス内のことや学校スタッフのことなど気づいたことなんでも。

まずはとにかく自然がきれい。田舎なので好き嫌いはでると思うが、個人的にはゆっくりした空間で過ごせることに満足している。教授や学校スタッフは面倒見が良く、親切な方ばかり。留学生が比較的多いので、アメリカ人に限らずいろいろな国の人と関われる。

【6】今学期の1週間の時間割りと授業終了後、週末の過ごし方を教えて下さい。また旅行などに行った場合どこを訪れたかなど・・・。

月・水・金→8:00~Taiji(太極拳)、9:00~Children’s Lit(児童文学)、10:00~Writhing(ライティング)、11:00~Forensic Science(犯罪科学)

火・木→8:00~Art of Singing(歌)、11:00~Business Statistics(ビジネス統計学)、(木)14:00~Lab(犯罪科学の実験)

ランチ

授業終了後は週3でジムでワークアウト、そのあと宿題や復習など。週末は基本的にゆっくり寝坊してそのあと勉強をしていることが多い。あとはルームメイトと一緒に話したり、他の友達とネットで映画を見たり。連休中は他の留学生も一緒にお寿司パーティーをすることもある。たまに、留学生のためのトリップが学校スタッフに企画してもらえる。ショッピンモールでの買い物や遊園地に行ったりなど。

クリスマス休暇はルームメイトの実家(同じノースカロライナ)に滞在。隣のテネシー州にドライブに行ったりもした。

【7】授業料、滞在費を除く1ヶ月の生活費は?

身の回りの日用品を買う必要がなければ、ほとんど0円。買った月でも3000円~5000円程度。

【8】友達の作りかたでうまくいったこと

焦らず周りを観察しながら生活していると、自分に合いそうな人がわかってくる。軽くでもいいので自分から話しかけてみることも大切。一番親しいルームメイトとは新入生のオリエンテーションで出会ったので、オリエンテーションは重要だと思った。あとは授業が一緒の人だとやはり親しくなるチャンスは多い。

【9】今までで嬉しかったことは?また辛かったことは?
子供と

嬉しかったこと→日々のテストでAを取り続けていたら、期末テストを免除してくれた教科があったこと。ルームメイトのご両親が、私にもたくさんのクリスマスプレゼントを用意しておいてくれたこと。

辛かったこと→初めのうちは授業のディスカッションなどに全く入れず孤立していた。話しかけてくれる人がいても、自分の英語力の低さ故に話が続かず、申し訳ないと思うことや後悔することが数え切れないほどたくさんあった。(今も)

【10】今の学校で気に入っていることまたは気に入った場所は?お店なども・・・。

キャンパス内の湖のほとりのベンチ。天気が良い時はそこでランチを食べたりする。

【11】これから留学を目指す後輩たちへのアドバイスをお願いします。

ありきたりな言葉になるが、しないで後悔するよりして後悔する方が全て自分のためになる。辛いこともたくさんあるが、嬉しいことや驚くこともたくさんある。

説明ページへ戻る

手続きの流れに関して

留学手続きの流れはこちら。

手続きの流れはこちら

お問い合わせは今すぐ!

メール・お電話でお問い合わせ。

お問い合わせはこちら


↑ PAGE TOP

↑ PAGE TOP